【結婚内祝い】相場はどのくらい?人気の品物とマナーをチェック!

image243
幸せな結婚を祝っていただいた方々にお礼として贈るのが結婚内祝いです。

せっかく結婚を祝っていただいたのですから、お返しのときも感謝の気持ちをしっかり伝えたいところです。

結婚内祝いの相場と人気の品物、マナーをチェックしましょう。

Sponsored Link

結婚内祝いの相場

image245
結婚内祝いの相場は原則「半返し」です。

いただいた品の3分の1〜半額程度の品物を選ぶようにしましょう。

無論、相手によって通例などがある場合はそれにならうのが良いでしょう。

もしかなり高額な現金や品物をいただいて、かなりの額を贈らなければならないときは、高い物を贈るよりも感謝の気持ちを伝える方が良いかもしれません。

例えば新婚旅行のお土産を加えたり、いただいた品を使っている様子の写真を同封したり、あるいは自宅まで直接持って行くなども高齢の方であれば喜んでもらえるかもしれません。

いずれの場合もお礼状を添えるのを忘れないようにしましょう。

 

結婚内祝いの人気の品物

image244
昔は洗剤などの消耗品やスイーツ以外のグルメが内祝いの定番でしたが、最近は様子が違うようでこれらの品は人気がなくなっているようです。

最近はカタログギフトや商品券・ギフトカードなどが人気になっているようです。

Sponsored Link

やはりもらっても趣味に合わなかったり使い道がないものよりも、自分で商品を選べる物の方が貰ってうれしいようです。

よほどその人の趣味や嗜好に精通しているのでない限り、カタログギフトや商品券・ギフトカードを贈るのが無難でしょう。


カタログギフト で気持ちを伝えよう。送料無料もあり!

 

結婚内祝いのマナー

結婚内祝いは原則として結婚式から1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

もし結婚式を行わずに入籍だけしたのなら、お祝いをいただいてから1ヶ月以内に贈るようにしましょう。

お祝いをいただいてから忘れないようすぐに電話でお礼を言うことも重要です。

結婚内祝いの場合、のしは紅白の水切りで結んだ結び切りを選びましょう。

結婚内祝いに限らず、二度と繰り返されない方が良い行事の場合は、内祝いに結び切りを使うのが定番です。

表書きには水引きの上段に「寿」か「内祝」の文字を入れるのが基本です。

名前は、下段に「新郎新婦の姓」を入れるか、あるいは上段に「新郎新婦の姓」を入れ下段に「新郎新婦の名」をセットで入れるのが一般的です。

 

まとめ

結婚内祝いの相場は他の内祝い同様貰った品の半返しで良いでしょう。

品物は近年はギフトカードなど送られた方が自分で商品を選べる物が人気です。

マナーとしてはできるだけ早くお返しすることと、のしの水引は結び切りを使うことなどに注意しましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ