【入学内祝い】相場はどのくらい?人気の品物とマナーをチェック!

image249
入学内祝いは子供の入学をお祝いされたときにお返しに何か贈ることです。

本来はしなくてもいい行為ですが、我が子のためにいただいた心遣いに対してささやかな感謝の気持ちを表したいと思われる方もいらっしゃるでしょう。

入学内祝いのトレンドをチェックして、相場や人気の品物とマナーについて見ていきましょう!

Sponsored Link

入学内祝いの相場

image250
入学内祝いの相場としては、貰った金額の半分かそれ以上、もしくは同じくらいの金額を贈る場合が多いようです。

出産内祝いや結婚内祝いの場合は貰ったギフトの3分の1〜2分の1程度が相場だといわれていますが、入学内祝いの場合は自分ではなく我が子を祝っていただいたということで、よりしっかりと感謝の気持ちを伝えたいと考えられる方が多いようです。

 
出産内祝いの相場はコチラでチェック!

結婚内祝いの相場はコチラでチェック!

 

入学内祝いで人気の品物

image244
入学内祝いの品物としては商品券・ギフトカード、現金、カタログギフトなどが人気のようです。

これらは特定の品物ではなく贈られた側が自分の好きなように使えるという共通点があります。

贈った側が良かれと思って贈った物でも、贈られた側にとって嬉しくなければ贈り物の意味がありません。

特に入学祝いのような本来、贈らなくてもいいようなものの場合、その心理がよりはっきりとあらわれます。

Sponsored Link

注意点として若い方であれば現金が喜ばれるようですが、年配の方には失礼に当たる場合もありますので、年配の方に贈る場合は商品券・ギフトカードやカタログギフトを贈った方が無難です。

 
カタログギフト で気持ちを伝えよう。送料無料もあり!

 

出産内祝いのマナー

入学内祝いのマナーとしてやってはいけないことは、

・贈ったことも忘れた頃にお返しの品が届く

・贈ったギフトよりも高価なものを貰う

・本人や家族以外から間接的に渡される

以上のような行為です。

これらは他の内祝いにおいてもマナー違反となるので注意しましょう。

のしについては蝶結びの水引を選び、水引の上に「入学内祝」と書き、下にはお子様の名前を書くようにしましょう。

また大事なのがお子様からのお礼ということを忘れないことです。

入学内祝いはあくまでお子様が祝われたお返しに当たるものなので、お子様からのお礼という体裁を整えなければいけません。

直筆のお礼状や電話などでお子様からのお礼を忘れずに届けるようにしましょう。

 

まとめ

入学内祝いは他の内祝と違い2分の1から同額が相場になり、少々割高のようです。

人気の品物は商品券など貰った人が自由に商品を選べるものです。

マナーにおいては通常の内祝いのルールを守るとともにお子様からのお礼ということを忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ