【夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日】結局一番暑いのはどの日なの?

image260
ニュースや天気予報で頻繁に使われる“夏日”や“真夏日”という言葉があります。

全部同じ意味かと思いきやそれぞれ違う意味があるようです。

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日の中で一番暑いのはどの日なのでしょう?

さっそく見ていきましょう!

Sponsored Link

夏日・真夏日・猛暑日の違い

image120
夏日・真夏日・猛暑日の違いは日中の最高気温によります。

日中の最高気温が25℃以上であれば夏日、日中の最高気温が30℃以上であれば真夏日、そして日中の最高気温が35℃以上であれば猛暑日となります。

それぞれ5℃暑くなる度にランクが上がって夏日から真夏日、そして猛暑日となります。

そのため、この中で最も暑いのは猛暑日です。

 

酷暑日とは?

image261
夏日・真夏日・猛暑日の違いが分かったところで、では酷暑日とは何なのでしょう?

実は猛暑日と酷暑日は同じ意味の用語です。

酷暑日というのは正式な用語ではありません。

数年前までは日中の最高気温が35℃以上となる日はそこまで多くなかったため、猛暑日という言葉自体存在せず、夏日・真夏日という用語しかありませんでした。

そこで35℃を超えた気温を表現するために、あるマスコミが酷暑日という用語を使い、それが定着したためにそこかしこで使われるようになったのです。

Sponsored Link

 

猛暑日と酷暑日が共存している理由

image262
猛暑日と酷暑日が同じ用語なら、なぜ意味が重複した二つの用語が存在しているのでしょう?

猛暑日という用語ができたのは、近年になって7月・8月頃に35℃以上になることが全国的に多くなり、それを表現する必要に迫られたためです。

2006年の夏には35℃以上の日が主に西日本で続いたことをきっかけに、猛暑日という用語が気象用語として作られました。

2007年には気象庁により猛暑日を正式な気象用語として追加したことが発表されます。

しかし2006年の夏には、既にマスコミによって酷暑日という用語が使用されていました。

このようなマスコミと気象庁の行き違いにより二つの重複した用語が存在するに至ったのです。

 

まとめ

最高気温によってその日が夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日のどれかに振り分けられます。

この中で最も暑いのは猛暑日と酷暑日で、二つの日は同じ意味です。

ちなみに夕方から翌朝に書けて25℃以上の気温が続く夜は「熱帯夜」と呼ばれます。

例年、熱中症の被害は多くなっていますので、猛暑日や酷暑日の日は熱中症対策に特に気をつけましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ