政令指定都市のメリット・デメリットとは?なるための条件は何?

image267
あなたの住んでいるまちが政令指定都市になれば都道府県とほぼ同格の存在となり、都道府県において処理される事務のほとんどを独自に処理することができます。

どうすれば政令指定都市になれるのか、またそのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

政令指定都市になるには

image268
政令指定都市になるには以下の条件を必要とします。

・人口50万人以上

・一定の行政能力を有していること

・都道府県の同意があること

やはり都道府県と同等の存在になり、都道府県においてされる仕事が任されるのですから、それ相応の規模と行政能力が必要になってきます。

人口50万人以上となっていますが、これは法律に明記されているもので、実際には70万人ほどの人口が必要なようです。

一定の行政能力とは要するに都市としてきちんとしているか、一定以上の都会であるかという意味になります。

少々あやふやな要件ですが、要するに所属してる都道府県に独り立ちできる都会として認められるかどうかが重要になってくるようです。

 
政令指定都市のさらに上を行く“都構想”とは?

 

政令指定都市になるメリット

政令指定都市になるメリットとしては、本来は都道府県が担うべき業務を独自に行うことができるので、よりその街にあった独自的・自主的な街づくりをすることができるようになります。

Sponsored Link

また、国に対して予算の陳述をすることもできるので、その自由度は政令指定都市かどうかで天と地の差があるといえるでしょう。

 

政令指定都市になるデメリット

政令指定都市になるデメリットとしては、無闇な合併により、地域独自のコミュニティや文化を破壊してしまう可能性があることです。

政令指定都市になるには人口が50万人、実際には70万人必要です。

しかしすぐに人口を増やすことなんてできません。

そこで有力な都市同士で合併する動きが起きます。

無理に政令指定都市になろうとして、人口要件を満たすために、無節操な合併が乱発されれば、地域の細かな事情は無視されます。

その場合、地域に根ざした独自の文化に深刻な損害が生まれるかもしれません。

 

まとめ

政令指定都市になるには相応の規模と行政能力が必要です。

地域独自の街作りができるというメリットがありますが、無闇な合併の結果地域に根ざした文化を傷つけてしまう場合もあります。

焦って合併することなく、地域の文化を大切にしながら地域の発展ができるよう、慎重にまちづくりを進めていきたいところです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ