サザエさん症候群とは?対策法はある?なりやすい人の特徴は?

image269
サザエさん症候群とは日曜日の夜に『サザエさん』を見ると、明日の仕事や学校のことを考え憂鬱になってしまう症状のことをいいます。

これは何も日本人に特有の症状というわけでもなく、海外でもブルーマンデー症候群と呼ばれ認知されているようです。

今回は、サザエさん症候群の対策となりやすい人の特徴について見ていきましょう。

Sponsored Link

サザエさん症候群になりやすい人の特徴

image270
サザエさん症候群になりやすい人の特徴として以下のものが挙げられます。

・仕事や会社において何らかのストレスを抱えている。

・急激な生活環境の変化の途中で心身ともに順応していない。

・休日にもかかわらず一人で過ごすことが多く、話し相手がいない。

サザエさん症候群は仕事に行きたくないという症状ですが、仕事に原因があるとは限りません。

プライベートでも生活環境が急に変わると気持ちがふさぎ込んで仕事へのモチベーションが上がらないことが多々あります。

また話し相手がいないことも憂鬱な気分を溜め込む一因です。

Sponsored Link

 

サザエさん症候群の対策

image271
対策としては、とにかく前述の原因を緩和することに限ります。

仕事にストレスを感じているのであれば、月曜日はウォーミングアップの時間に充て、あまり仕事を抱え込まないようにしたり、定時で帰れるようスケジュール管理しましょう。

引っ越しや一人暮らしを開始したなど、環境の変化の途中にある場合はスポーツで汗を流すのがおすすめです。

運動をすれば余計な心配を考えずに済み、ささいな不安に怯えることもなくなります。

体が疲れることにより寝付きがよくなる効果も期待できるでしょう。

休日に誰とも話していないのなら、誰か社外の人と知り合いになりましょう。

サークル活動やイベントなどに参加して、普段合わない人に会えばよいリフレッシュになります。

実家や友達に電話するのもおすすめです。

 

まとめ

サザエさん症候群とは日曜日の夜、明日学校や会社に行くことを考えると憂鬱になってしまう症状のことです。

サザエさん症候群になりやすいのは、仕事にストレスを抱えている人、生活が急変した人、休日に一人で過ごす人、などが挙げられます。

対策として、週初めは仕事を軽めにして、不安を感じたらスポーツで汗を流し、休日は普段会わない人とおしゃべりするようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ