労働組合とは?加入した場合のメリットとデメリットとは?

image157
労働組合といえば一般的には労働者の味方と言われていますが実際のところはどうなのでしょうか?

ここでは労働組合とは実際どのような組織なのか、さらに加入した際のメリットとデメリットについて見ていきます。

Sponsored Link

労働組合とは?

労働組合とは労働者によって主体的に結成される組織で、組合員の雇用を維持し改善することが一般的な目的です。

日本においては労働者が二人以上集まれば結成することができ、都道府県労働委員会に規約その他必要書類を提出し、労働組合法上の要件を満たしていると認められれば結成することができます。

雇用主は労働組合の結成やその活動を理由に労働者に対して不当な扱いをすることはできません。

 
メーデーってどういう意味?会社は休みになる?


 

労働組合に入るメリット

では労働組合に入るメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

これはひとえにその労働組合の体質や会社との力関係によりますが、それなりに強い力を持っている労働組合であれば会社からの不当な解雇通知や転勤命令から守ってくれることがあります。

雇用主は労働組合からの団体交渉を原則として拒むことができず、交渉に応じる義務があります。

Sponsored Link

会社によっては労働組合の顔を立てなければならないところもあるようで、労働組合に加入しているだけで、会社側からの不当な扱いに対する牽制になり得ます。

場合によってはセクハラやパワハラの被害対応も会社のコンプライアンス部署よりも対応が速く、非正規社員であれば労働組合に属していることが正社員登用に有利に働くケースもあるようです。

 

労働組合に入るデメリット

一方やはり労働組合に入ることで発生するデメリットもあります。

まず組合費がかかり給与から天引きされることになります。

組合活動には経費がかかり維持するために組合員から組合費を徴収する必要があるのです。

本当に労働組合が本来の活動をしているのならいいのですが、形骸化している労働組合も多くあるようです。

実際には活動していない組織になけなしの給与から組合費を徴収されるようではたまったものではありませんよね。

最後にこれも労働組合の体質や会社との力関係によるのですが、雇用主に嫌われ目をつけられる恐れがあります。

雇用主は労働組合に加入していることを理由に労働者に不当な扱いをすることはできませんが、やはり人間関係に角が立つと様々なトラブルが起こり得るものです。

最悪の場合、特定の偏った政治思想があるとレッテルを貼られ、同僚の間でも孤立することがあります。

 

まとめ

以上のように労働組合に加入すれば、会社からの不当な扱いを回避するための保険として機能することがありますが、逆に加入した結果社内での立場が悪くなることもあります。

労働組合に加入するかどうかは、その会社における労働組合の立ち位置や力関係を見極めた上で慎重に判断したほうが良さそうですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ