初任給でプレゼントを両親に贈ろう!何が良い?予算はどのくらい?

image296
新社会人の方々はそろそろ初任給をもらっている頃か、あるいはもうすぐかと思われます。

初任給をもらったら、日頃お世話になっている両親に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りましょう!

今回は、初任給で買うのにふさわしいプレゼントと予算について見ていきす。

Sponsored Link

プレゼントの予算

image300
初任給のプレゼントの相場はだいたい2〜3万円のようです。

近年の大卒の平均初任給はおよそ20万円ほどで、社会保険料や源泉所得税を差し引けば手取りはおよそ17万円ほどといったところでしょう。

プレゼントの額は手取り給料の12〜18パーセントほどになります。

大卒でない方も給料の内このくらいの割合を目安にすれば良いのではないでしょうか。

もちろん無理は禁物です。

初任給のプレゼントを両親に贈るのは、自分で働いてお金を稼げるほどに成長したことを見せるという意味合いがあります。

それさえ伝われば問題無いので自分にとって、適切な範囲の金額を選ぶことが重要です。

Sponsored Link

 

プレゼントは何が良い?

2〜3万円を目安として、その上で何を贈るのが良いか見ていきます。


高価なレストランで食事
image298
社会人になれば何かと忙しく両親とゆっくりする時間も限られることでしょう。

一緒に食事する時間を少しとるだけでも喜ばれるはずです。

2〜3万円ほどかかる少し高めのレストランで両親と一緒に食事しましょう。

和食、中華料理、フランス料理、いずれの料理にしても両親の好きなものを選んであげることを忘れずに!


一泊旅行
image297
やはり普段ゆっくり過ごすことが出来ない両親と一緒に過ごすために一泊程度の小旅行はいかがでしょうか?

2〜3万円なので、温泉旅行などがおすすめです。

ご両親の日頃の疲れを癒やしてあげましょう。

親のお背中を流してあげれば喜ぶこと間違いなしです。


ずっと使えて身につけるもの
image299
初めて社会人となり稼いだお金は一人前の証であり、記念すべきものです。

いつでもその記念すべき日を思い出してもらえるように、プレゼントはずっと使えて身につけられるものが良いでしょう。

財布や時計などであればお父様、お母様のどちらにもプレゼントすることができるのでおすすめです。

 

まとめ

初任給のプレゼントの予算は給与の12〜18パーセントほどが妥当です。

プレゼントの内容は金額よりも立派になった自分を見てもらうこと、日頃の感謝の気持ちを表すことが大事になります。

何を贈ったとしても、ご両親はきっと大喜びしてくれると思いますよ!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ