キャンプに出かける際の服装をおしゃれにキメたい!【女性編】

image311
キャンプに出かけるときに気になるのは服装です。

女性は特に気になるところでしょう。

あんまり野暮ったい服装をしたくはありませんが、かわいすぎて浮いてしまうのも困りものです。

キャンプに出かける際の女性の服装についてみていきましょう。

Sponsored Link

キャンプでの服選びの注意

image313
キャンプでの服装は街に出かける時とはまるで違うことに注意しなければいけません。

キャンプでは野外の作業やバーベキューの際にはタレの跳びはね等、どうしても服が汚れてしまう場面があります。

準備の時、汚れるのを気にして作業に参加せずに1人だけ浮いてしまうのは避けたいところです。

汚れても問題なく、あまり暗すぎない色の服装を選びましょう。

冷え込み対策も重要です。

泊まりで山にキャンプへ行くのなら朝晩の冷え込みは予想以上のものです。

寒さに震えないように長袖のパーカーなど羽織るものを持って行くと良いでしょう。

虫刺されや日焼け対策も重要です。

なるべく肌の露出が少ない格好で行きましょう。

Sponsored Link

キャンプにおすすめの服装

キャンプに行く際の注意を踏まえた上で以下の服装がおすすめです。

・上着
カラーシャツかチェックシャツあるいは薄手のパーカー

・インナー
Tシャツかキャミソール

・下の服
ジーンズか長めのパンツ

・靴
サンダルかスニーカー

・帽子
キャップや麦わら帽子

パンツは少し裾を曲げてくるぶしを出せば垢抜けてかわいらしく見えます。

淡いカラーシャツにキャミソールにすればおしとやかに見えるでしょう。

パーカーにTシャツを選べば動き回るようなキャンプにも対応できます。

 

キャンプの時のメイクについて

image312
キャンプにメイクをしていくかどうか悩む女性は多いかと思います。

メイクをしていけば落とす場所がないのではという不安があるでしょう。

しかし異性と一緒にキャンプするのならメイクはしていったほうが無難です。

キャンプ場といっても炊事場の近くであれば顔を洗う場所もあるのでメイクも問題なく落とせるでしょう。

 

まとめ

キャンプでの服装選びには虫刺され、日焼け、汚れ、冷え込み対策を意識して準備しましょう。

女性の場合、パンツの裾を折り曲げるなどちょっとした工夫でかわいく見せることができます。

キャンプ場でも洗顔する場所はきちんとあるのでメイクしていっても問題はありません。


【関連記事】キャンプに必須の持ち物とは?あると便利なおすすめグッズは?

【関連記事】キャンプに出かける際の服装をおしゃれにキメたい!【男性編】

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ