キャンプに出かける際の服装をおしゃれにキメたい!【男性編】

image318
キャンプに行く際に気になるのが服装です。

なるべくおしゃれな服装を選びたいところですが不便な服を着て恥をかくのも避けたいところでしょう。

男性のキャンプに出かける際の服装についてみていきましょう。

Sponsored Link

爽やかで動きやすい服装を

image314
キャンプに行くのですから当然動きやすいことが重要です。

作業中にてきぱき動けないようでは格好が悪いですしね^^;

色は汚れが目立ちにくいものがおすすめです。

キャンプで作業をしているとどうしても服が汚れてしまいます。

汚れが目立ちにくい色なら万一汚れてもバツが悪くなることもありません。

あんまり暑苦しい格好は印象を悪くします。

ハーフパンツに清潔感のあるTシャツやポロシャツを着ていけば爽やかで女性受けも良いでしょう。

インナーにも気を配っておけば万全です。

暑くて上着が脱ぎたくなったとき、いかにも下着のような服装では野暮ったく見られてしまいます。

見られても恥ずかしくないタンクトップを着ておけば上着を脱いでもおしゃれさを維持できます。

靴については動きやすくておしゃれなスニーカーを履いていきましょう。

 

火作業用の服装も持って行く

image315
キャンプといえばバーベキューがつきものです。

火作業用の服装も持って行ったほうが良いでしょう。

Sponsored Link

火作業の場面では長袖がおすすめです。

バーベキューをすれば火の粉が飛んでくるので半袖やタンクトップだとやけどの恐れがあります。

長袖を着用していれば火の粉が飛んできても安心です。

素材は熱に弱い化学繊維のものは避けましょう。

火で溶けてしまう恐れがあります。

またバーベキューで作業すれば汚れることもあるでしょう。

汚れたときのために着替えを持って行くのがおすすめです。

 

小物でおしゃれに

image317
小物を持って行っておけば便利な上におしゃれを演出することができます。

サングラスなどは陽射しを遮ることができるうえに、おしゃれなのでおすすめです。

サングラスをかけていないときも、シャツなどに引っかければワンポイントのおしゃれになります。

帽子もおすすめです。

紫外線を防ぎながらおしゃれな帽子をかぶって出掛けましょう。

 

まとめ

キャンプに行く服装としては動きやすさを重視しつつ爽やかなものを選びましょう。

女性からの好感度が上がること間違いなしです。

また火作業用に長袖を持って行っておくと便利になります。

おしゃれな小物として帽子やサングラスを持って行くのもよいでしょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ