キャンプに必須の持ち物とは?あると便利なおすすめグッズは?

image319

夏が近づいてきました!

夏といえばキャンプです!

キャンプにはキャンプ道具がつきものですが、必須の持ち物とあると便利なものが多くあります。

最近では用具を貸し出している場所もあるので現地で貸し出してもらえる分については現地調達で良いかもしれません。

キャンプに持っていく持ち物について見ていきましょう!

Sponsored Link

キャンプに必須の持ち物

・テント

ロッジなどに泊まらないのであれば必須になります。

ドーム型のものは安定感があり、設営も容易なのでおすすめです。

・ターブ

ターブはテントを覆って補助するものです。

これがあれば陽射しを遮れますし、雨の日でも容易に外で食事がとれます。

・ペグ

テントやターブを固定するものです。

海など風の強い場所に行くと、これがなければテントが飛ばされてしまうこともあります。

・ハンマー

ペグを打ち込むために使います。

・ロープ

ペグをテントやターブと結びつけるために使うものです。

・寝袋

秋や春にキャンプする場合や標高の高いところに泊まるのであればは寝袋を持って行けば便利です。

予想以上に寒いこともありますので、寝袋があると夜を暖かく過ごすことができます。

毛布などの防寒具も良いでしょう。

・枕

意外と忘れがちなのが枕です。

やはり枕があれば断然寝心地が違います。

体力を使うキャンプなので枕を忘れないようにしましょう。

・軍手やレザーグローブ

キャンプといえばバーベキューです。

バーベキューをする際、軍手がなければかなり不便になります。

コンロやオーブンを動かしたり炭をいじることすらままなりません。

・テーブルとイス

テーブルとイスは食事をする際必須です。

・コンロ

野外で食事を作る場合コンロがなければ火を通せません。

Sponsored Link

・バーベキュー用品と食材

木炭、着火剤、チャッカマン、トングあたりは絶対に必要でしょう。

食材は肉や野菜をお好みで持って行きましょう。

・クーラーボックス

ペットボトルに入れたジュースやお肉、野菜などを保冷しておくことができます。

・ランタン懐中電灯

夜暗くなったときに懐中電灯がなければ、外に行くときとても不便で不安になります。

・食器、キッチン用品

現地で調理する食事に合わせて必要なものを持って行きましょう。

鍋、フライパン、お玉、包丁、まな板、ざる、ボール、箸、スプーン、フォーク、キッチンペーパー、スポンジ、洗剤あたりを持って行けばまず安心でしょう。

食器はキャンプ用のものを一通り購入しておくと便利です。

・ゴミ袋

・虫除け、虫刺され薬、絆創膏、日焼け止め

・雨具

 

あると便利なグッズ

・マット

テントで寝る場合マットがあると便利です。

地面が固くて眠りづらい方はマットを敷いて眠りましょう。

・ファイアーテーブル

ファイアーテーブルとはバーベキューコンロなどグリルをみんなで囲むことができるテーブルです。

ターブの元で使えるものもあるので便利です。

・ローチェアー

ファイアーテーブルを囲む際には少し低めのイスが必要です。

ローチェアーならファイアーテーブルの高さにマッチした座高の低いものがあります。

・アルミホイル

アルミホイルがあればじゃがバター、えのきバター、アサリの蒸したものなど、料理の幅が広がります。

・水タンク

水は何かと使う場面があるので持って行くと便利です。

 

まとめ

キャンプを楽しむためには何よりも事前の準備が大切です。

準備をしっかりしたうえで、都会の喧噪を離れた大自然の中でキャンプを満喫しましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ