無酸素運動とは?ダイエットに効果あり?やり方や種類は?

image321
無酸素運動とは短距離走やウェイトトレーニングのように酸素を必要としない運動です。

そのため、酸素を多く取り込む有酸素運動に比べてダイエットには効果が無いと考えられてきました。

しかし実はこの無酸素運動がダイエットに効果的だということが最近分かってきました。

何故ダイエットに効果があるのでしょうか?

ダイエットに効果的な無酸素運動のやり方やどんな種類があるのかについてもみていきます。

Sponsored Link

無酸素運動とダイエットの関係

image323
まず有酸素運動が何故ダイエットに有効かということから振り返ってみましょう。

ダイエットとはすなわち脂肪を燃焼させる活動です。

脂肪はいざというときのために体に蓄えておくエネルギーですが、それは見た目的には肥満という形で現れ、特に女性は体の外側に脂肪がつきやすい体質であるため、油断しているとすぐに太ってしまいます。

ダイエットのためには脂肪を燃焼させる必要がありますが、そのためには酸素が必要です。

酸素を取り込むにはウォーキングやエアロビクスのような有酸素運動が必要ですが、無酸素運動にはその有酸素運動による脂肪の燃焼を活発にする作用があります

というのも無酸素運動には成長ホルモンを分泌させる効果があるのです。

成長ホルモンは骨や筋肉を成長させる働きもありますが、同時に脂肪の分解を促進する効果もあります。

Sponsored Link

 

有酸素運動の前に無酸素運動

image322
有酸素運動だけだと15分間続けなければ脂肪の分解は始まりませんが、無酸素運動を少ししてから有酸素運動をすれば5分程度で脂肪の分解が始まります。

ダイエット中の方は有酸素運動の前に無酸素運動を少ししておくことがおすすめです。

 

無酸素運動の種類

image320
無酸素運動は基本的に酸素を取り込まずにする運動ですので筋トレや短距離走のような運動になります。

ジムやスポーツクラブに通っているのなら、エアロビクスやランニングマシンで汗を流す前に、トレーニング機器などで少し筋肉を刺激してあげましょう。

それだけで脳から成長ホルモンが分泌され脂肪の燃焼を促進してくれます。

ジムやスポーツクラブに行っていない人はスクワットや腕立て伏せなどのちょっとしたトレーニングをしてみましょう。

それだけで効果に劇的な変化が表れるはずです。

 

まとめ

無酸素運動は直接ダイエットに効果があるわけではありませんが、有酸素運動の前にやっておけば脂肪の分解を促進する効果があります。

ウォーキングやエアロビクスで汗をかく前に少しだけ筋肉を刺激するトレーニングをしてみましょう。

半年かかるダイエットが3ヶ月で達成できるようになるといわれています。

また筋肉が発達すれば新陳代謝が良くなるので太りにくくなるというおまけつきです。

有酸素運動の前には無酸素運動を取り入れて効果的にダイエットに励みましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ