「台風〇〇号は温帯低気圧に変わりました」ってどういう意味?

image340
よくニュースなどで「台風○○号は温帯低気圧に変わりました」という言い回しを耳にします。

これは実際どういう意味なのでしょうか?

気になったので調べてみましたよ!

Sponsored Link

台風とは?

image342
まずは台風について確認しましょう。

台風とは熱帯低気圧の一種で、北西太平洋や南シナ海に存在するもののうち中心付近の最大風速が17.2m/s(34ノット、風力8)以上のものを示す言葉です。

台風はその最大風速によって分類され、最大風速が17m未満なら台風では無く単なる熱帯低気圧、17m以上なら「台風」、33m以上なら「強い台風」、44m以上なら「非常に強い台風」、54m以上なら「猛烈な台風」になります。

 

熱帯低気圧とは?

熱帯低気圧は低気圧の一種で熱帯や亜熱帯で海から大量の水蒸気が上昇することにより空気が渦を巻いてできる低気圧のことです。

熱帯低気圧には台風以外にも呼び方があり、それは発生した地域によって異なります。


【関連記事】【台風・ハリケーン・サイクロン】それぞれの違いは何?


ハリケーンは熱帯低気圧のうち、北大西洋、カリブ海、メキシコ湾及び西経180度より東の北東太平洋に発生したもののことです。

サイクロンはベンガル湾やアラビア海などの北インド洋に存在する熱帯低気圧のことを示します。

 

温帯低気圧とは?

温帯低気圧とは北から来た冷たい空気と南側の暖かい空気が混ざり合うことで渦を巻くことにより発生した低気圧です。

Sponsored Link

冷たい空気と暖かい空気がぶつかり合う場所を前線と呼びますが、暖かい空気が冷たい空気に追いついている場所を温暖前線、冷たい空気が暖かい空気に追いついている場所を寒冷前線とそれぞれ呼びます。

 

熱帯低気圧と温帯低気圧の違い

image341
熱帯低気圧と温帯低気圧の違いは前線ができるかどうかです。

熱帯低気圧は暖かい空気のみで発生するので前線はできませんが、温帯低気圧の場合は暖かい空気と冷たい空気が混じり合って発生するので前線ができます。

また熱帯低気圧が発達して17.2m/sになると台風、地域によってはハリケーン、サイクロン、などと呼称がつきますが、温帯低気圧の場合は発達してもそのような呼称はつきません。

 

まとめ

「台風○○号は温帯低気圧に変わりました」というのは台風の構造が熱帯低気圧から温帯低気圧に変わったことを意味します。

台風は熱帯低気圧の一種で暖かい空気のみでできる低気圧ですが、温帯低気圧は暖かい空気と冷たい空気が混じり合うことでできる低気圧です。

熱帯低気圧と違い温帯低気圧には前線が生まれます。

台風から温帯低気圧に変わったとはいえ、構造が変わっただけで、強風や大雨自体が無くなるわけではないので油断して外に出れば酷い目に遭いますので注意しましょう。


【関連記事】

台風時によく聞くヘクトパスカルとは?その意味を理解しよう!

【台風の進路の謎】なぜ急カーブを描いて日本に向かってくるのか?

台風一過とは?どういった使い方が正しいの?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ