イラネッチケーが絶賛通販中!これで受信料の支払いを拒否できる?

image345
“イラネッチケー”という商品が通販で手に入ることをご存知でしょうか?

コチラの商品を自宅のテレビに取り付ければ、なんとNHKが映らなくなるらしいのです!

・・・ということは、NHK受信料の徴収員が自宅に来た際には、

「ウチにはテレビはあるんですが、NHKは映りませんのよ~、オホホホ!」

といった具合に支払いを断ることもできるのでしょうか?

気になります!

Sponsored Link

イラネッチケーとは?

「iranehk(イラネッチケー)」は、筑波大学システム情報系准教授・掛谷英紀氏の研究室が開発した装置です。

掛谷氏は、この装置の開発に至った経緯として、次のように語っています。

「NHKの放送では公共性を疑わせる事案が数多く発覚しています。

NHKは予算こそ国会承認が必要ですが、監視が十分とはいえず、公共性を担保する仕組みがありません。

それならば国民にNHKと契約しない自由は保障されてしかるべきと考えました。」

引用:http://zasshi.news.yahoo.co.jp

まさに仰る通りですよね!

それほど見る機会もないのにテレビがあるというだけの理由で無条件に受信料をむしり取られて、そのお金が有益な番組作りに使われているのであれば、まだ我慢できますが、お偉いさんのお遊びゴルフの際のハイヤー代に使われているかと思うと腹立たしさMAXです!


【関連記事】 ハイヤーとタクシーの違いとは?料金がお得なのはどっち?


私も実際、徴収に来たNHKの方に「イヤ~、NHKまったく観ないんですよね~」と暗に支払い拒否の姿勢を示したのですが、「テレビがあるご家庭であれば支払いの義務は生じるんです!(´・ω・)キリッ」みたいに言われたことがあります・・・。

Sponsored Link

「あぁ~、どうしたら観もしないテレビ局のためにお金を払う義務から解放されるのでしょうか・・・、そうだ観れないようにすればいいんだ!」

ぶっちゃけ、NHKの姿勢に疑問や憤りを感じている人にとっては夢の大発明といえるのではないでしょうか?

すでに地上波用、BS用合わせて約130個が売れているという“イラネッチケー”、アマゾンで購入できるようです!


iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ― (UHF26,27ch用) IRANEHK-AK27AB26N

 

ホントに受信料の支払いを拒否できる?

image344
NHKの受信料を我々が払わなければならない法的根拠としては、放送法第64条の存在が挙げられます。

放送法64条1項において、以下の様に定められています。

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。


協会の放送を受信することのできる受信設備=テレビのことですから、いくら受信できないようにしたとしても、それを理由に支払いを拒否するのはいささか無理があるように感じられますね・・・(^^ゞ

 

まとめ

イラネッチケーを取り付けたからといってすぐさまNHK受信料の支払いを拒否できるというわけにはいかなそうですが、この装置を利用する人が増えれば、改めてこの問題に対して一石を投じることになるのではないでしょうか?

こんな自動徴収のシステムを築いて、その上に胡座をかいている限り、NHKが良くなるとは到底思えません!

イラネッチケーを使う人が増えて、視聴の自由を訴える人が増えれば、NHKの改革にきっとつながることでしょう!

そのような意味でも、「iranehk(イラネッチケー)」、今世紀最大の画期的な発明品といえるのではないでしょうか?

Sponsored Link

Pocket

      
     

“イラネッチケーが絶賛通販中!これで受信料の支払いを拒否できる?” への7件のフィードバック

  1.   より:

    イラネッチケーを取り外しできないようにつければいいだけだよ

  2. やっちゃん より:

    NHKを見る必要が無いのに何故高い金を払う必要があるのか?この機械は考え方としては良いと思います。しかしNHKを普段全く見る事が無い私はいつも思うのですが、見る見ないは視聴者が決める事ですから当然見る人は視聴料は支払うべきだし見ない人は払う必要が無いのが当たり前と思います。だからこの機械代を視聴者が払うのではなく、金を払わない人には見る事が出来なくする為に(wow wow)みたいにNHKが機械を準備するべきと思いますが?

    • 管理人 より:

      やっちゃん様、コメントありがとうございます。

      私もまったく同感です。

      スクランブルをかければ全ては解決するのに
      NHKはあーだこーだ理屈をこねてそうしたことはしていないのです。

      以下がNHKの公式見解となっております。

      なぜNHKはスクランブルを導入しないのか?

  3. NHKをぶっ壊す! より:

    立花孝志氏が現在イラネッチケー裁判判決まもなく判決ですがほぼ勝訴間違い無し。
    イラネッチケー取り付ければ受信料払わなくてよくなります。
    ワンセグも裁判中でこちらも勝訴が強いので払わなくてよくなります。

  4. ヤクザ商法のNHKに物申す より:

    まず、NHKは「広告」を放送しているという事実。
    BSの予告を平然と地上波NHKで流しているではないか。地上波・NHKと、BS・NHKとは料金体系が別である。
    たとえばNHK地上波でWOWWOWの予告をしたら立派な広告ととられるだろう。BS・NHKもこれと同じはずだ。
    よって、民放と同様に受信料を払わなくても気にすることはない。
    個人的には、高校野球も、朝の連ドラも、大河時代劇も、紅白も、相撲も、全く・全然・これっぽちも興味がないし、今まで観たこともない。いずれにしても価値観は人それぞれ。
    「公共放送」を謳うなら、一日中NEWSを流してくれ。
    そうでなければ、スクランブルをかけて観たいひとにだけプログラムを供給。緊急時だけスクランブルを解除すればすむこと。

  5. 匿名 より:

    またNHKに裁判勝ちました イラネッチケーを使えば合法的に受信料の不払いが出来るようになりました
    http://youtu.be/rV-GTBR6WUI


    立花孝志氏「イラネッチケーを強力接着剤で固定しイラネッチケーを取り外すと壊れる
    協会の放送を受信する事は出来ませんが、民間の放送は受信することが出来るテレビを設置しました」


    NHK「請求書は間違って送りました」 と言って逃げた模様。

  6. miy より:

    NHKは民主主義に反してる、お金を払ってまで見たくもない電波を
    流して強制的にお金を取っている、WOWOWはお金を払っても
    見たい人は見ている、ごく自然(民主主義)です、
     スクランブルを掛ければ簡単な事なのにしない、
    NHKはまるで暴力団まがい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ