【シルバーウィーク】穴場観光スポット!関東で子供と楽しむには?

image371
2015年は6年来のシルバーウィークがやってきます。

せっかくのシルバーウィークなので子供と一緒に満喫したいところです。

子供と一緒に楽しめて比較的混雑を避けることができる穴場観光スポットを見ていきましょう。

Sponsored Link

藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県)

ドラえもんなどの原作者藤子・F・不二雄の作品を展示・公開する施設です。

藤子・F・不二雄の業績を称えるとともに、子供たちやさらには大人にまで、「夢」・「希望」の大切さを伝えています。

施設の中には「はらっぱ」などキャラクターのオブジェクトに出会えるようになっており、単なる文化施設では無くお子様の大好きなドラえもんと親しめるようになっており、子供が存分に楽しめる場所です。

他にもオリジナルメニューが楽しめるカフェが設置されており、一日中ドラえもんの世界に浸ることができます。

入館チケットも完全日時指定制となっており、混雑を避けやすい観光スポットなのもうれしいところです。

藤子・F・不二雄ミュージアムのHPはコチラ

 

GLACELIBERTYオンパミード(東京都)

「GLACELIBERTYオンパミード」は東京都足立区の西新井大師駅から徒歩0分の場所にある、託児ができるキッズテーマパークです。

託児所があるので、子供と一緒に遊ぶことができるだけではなく、子供を預けて親御さんはゆっくりすることもできる場所になります。

Sponsored Link

施設内には、体を動かせるジャングルジム・ロッククライミングや、おうちのようにくつろぎながら遊ぶことができるように絵本やおもちゃなどもあり、お子様も飽きることなく楽しめるはずです。

女性スタッフも多く配置されており、安心してお子様を預けることができます。

1Fと2Fがある上、90坪と広いスペースなので連休でもゆったりできるでしょう。

お子様と一緒に「GLACELIBERTYオンパミード」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

GLACELIBERTYオンパミードのHPはコチラ

 

アメイジングワールド船橋店(千葉県)

アメイジングワールドは子供が遊びを通して健全に育つように考えられて作られたキッズパークになります。

子供と一緒に遊ぶも良し、子供を少し離れた場所から見守るも良しといったように、個々の家庭の育児スタイルに合わせて楽しむことができるのが特徴です。

子供が怪我をせずに遊ぶことができるふわふわの遊具や、子供の創造性を育む「日本一きれいな砂場」、子供も参加できる「イベント広場」などなど様々な施設が用意されています。

家族で楽しく食事できるカフェコーナーや2歳児まで託児できるベビーコーナー、さらには親御さんもゆっくりできるマッサージチェアまで完備されているので、親子で充実した一日を過ごすことができるでしょう。

アメイジングワールド船橋店のHPはコチラ

 

まとめ

6年来のシルバーウィークなので、子供と一緒に楽しみたいところですが、どこに出掛けても混雑してしまうのが大型連休の宿命です。

比較的混雑を避けられ、子供と一緒に遊んだり、子供を預けることができる施設を選んで楽しみましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ