土用の丑の日の意味ってなに?うなぎを食べるようになった由来は?

 

image24
土用の丑の日といえば、当たり前のようにうなぎを食べる日として認知されています。

しかし土用の丑の日の意味についてきちんと知っている人は少ないのではないのでしょうか?

またこの日はうなぎを食べることとどういう関係があるのでしょうか。

ここでは土用の丑の日の意味と、うなぎを食べるようになった由来について見ていきます。

Sponsored Link

土用の丑の日の意味

まず土用とは古代中国の五行思想である木火土金水を季節に当てはめたものです。

春は木、夏は火、秋は金、冬は水となり、余った土は季節の変わり目にあてがわれました。

土用は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間を指します。

次に丑の日ですが、丑とは十二支、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥、の丑のことで、十二支を1日ごとに当てはめたもののうちで、丑があてがわれる日が丑の日です。

現代では十二支といえば、年賀状に今年の干支をイラストとして添えるように、主に年をあらわすものとして利用されていますが、かつては日付や時間をあらわすものとしても利用されていました。

以上より土用の丑の日はそのままの意味で受け取れば、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日のうち丑があてがわれる日を意味します。

しかし、うなぎを食べると良いとされる一般的な意味での「土用の丑の日」は夏から秋に変わる立秋前にある日になります。

土用が18日であるのに対し、十二支は12種類ですので、土用の丑の日が二日ある年もあります。

Sponsored Link

うなぎを食べるようになった由来

image160

日本人が土用の丑の日にうなぎを食べるようになった由来には諸説ありますが、もっとも通説として知られているのは、江戸時代の学者である平賀源内が考えたというものです。

知り合いのうなぎ屋に、夏の暑い日にはうなぎが売れにくいという相談を持ちかけられた源内は丑の日とうなぎを紐つけて宣伝することを思いつきます。

当時は丑の日に「う」の字が付くものを食べると夏に強くなると考えられていたようです。

源内はうなぎ屋さんに「本日丑の日」という張り紙を店先に張るよう勧めました。

するとそのうなぎ屋は繁盛するようになり、他のうなぎ屋も真似するようになったそうです。

【国産うなぎ蒲焼きカットがどーんと1kg入り!】国産うなぎ蒲焼き大小カットメガ盛り 1kgセット【送料無料】

 

まとめ

土用の丑の日は五行説の土用と十二支の丑の日を組み合わせたもので、立秋の前の丑の日を意味します。

実際に季節の変わり目は体が弱りやすいので栄養が豊富なうなぎを食べるのは良い考えです。

土用の丑の日にはうなぎを食べて夏バテ対策しましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ