突発性難聴の原因はストレス?症状や治療法は?予防策はあるの?

image375
ある日突然耳が聞こえなくなる病気のことを突発性難聴といいます。

突発性難聴にかかる患者は従来は40代、50代の女性に多かったのですが、最近では10代、20代の若い人や男性にもよく見られるようです。

原因にはストレスもあるとか。

何の前触れもなく耳が聞こえなくなると日常生活や仕事で大いに支障を来します。

突発性難聴の原因、症状、治療法、予防策について見ていきましょう。

Sponsored Link

突発性難聴の原因

実際のところ突発性難聴の原因はよく分かっていないのが現状です。

有力な説としてウィルス感染によるものと内耳血管の循環に障害が起こったためというものが挙げられます。

ウィルス感染説は、突発性難聴になる前に風邪の症状を訴える患者が多くいることや一度治ると再発しないことが根拠です。

一方、内耳血管の循環障害(具体的には内耳血管の痙攣や血栓、出血など)が原因で突発性難聴に陥るというのは理にかなった説明です。

また循環を改善する薬剤が治療に有効なこともこの説を後押ししています。

 

突発性難聴の症状

image377
突発性難聴の症状には急激に耳が聞こえなくなるというものがあります。

いつ頃からか徐々に耳が聞こえなくなるのではなく突然聞こえなくなるのです。

さらに副症状としてめまいや吐き気、耳鳴りなどが生じます。

めまいなどは回復した後、繰り返し起きないのがこの症状の特徴です。

また耳以外の神経障害は起きません。

 

突発性難聴の治療法

治療法としてはまず患者を安静な環境に置くことから始まります。

突発性難聴を患う患者の多くは発症前に精神的・肉体的ストレスを感じているのがこの病気の特徴です。

Sponsored Link

場合によっては患者を安静にするだけでも大幅に内耳循環障害を改善することができます。

安静な環境に身を置いた後については、未だ治療法が確立されていません。

患者の容態を見ながらウィルス感染症と内耳循環障害が起こっていると想定した治療を行います。

内耳循環障害の改善を目的とするなら用いられる薬剤は血管拡張薬や抗凝固薬です。

ウィルス感染の内耳障害改善を目的とするなら副腎皮質ステロイドなどが投与されます。

いずれにしても患者の容態や病歴など個々の事情を反映して適切な治療法が用いられることになるでしょう。

 

突発性難聴の予防策とは?

image376
突発性難聴を患う患者の多くはストレスのかかる環境に置かれていることが多いです。

実際、患者にはストレスによる精神的・肉体的消耗が見られます。

ストレスで負担を抱えていれば身体のどこかに不調を来すのはある意味当然の結果といえるでしょう。

ストレスを克服することが突発性難聴の予防策です。

ストレスを感じないように適切な運動、バランスの良い食生活、適度な睡眠を心掛けましょう。

 

まとめ

突発性難聴はある日突然耳が聞こえなくなる病気です。

原因は正確には不明ですがウィルス感染や内耳循環障害によって起こるというのが有力な説になります。

その下地にはストレスが関与しているようです。

治療としてはまず安静にし、ストレスを排除してから個々の患者の容態を見て薬剤が投与されます。

予防策もストレスを克服することで生活習慣を改善することが中心となります。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ