急性気管支炎の症状と原因とは?他人にうつるってホント?

image380
急性気管支炎とは気管支(喉の奥の左右に分かれる部分)の粘膜に炎症を起こす病気のことです。

風邪などの症状の一部になります。

風邪をひいてからしばらく咳や痰が止まらないという経験をしたことはありませんか?

その場合、急性気管支炎の疑いがあります。

風邪が悪化した症状といえるでしょう。

急性気管支炎の症状と原因、またうつるのかどうかについても見ていきます。

Sponsored Link

急性気管支炎の症状

image381
急性気管支炎にかかった場合、主に出てくる症状は咳と痰です。

副次的に関節痛、手足の筋肉痛、肩こり、あごや背中の痛みやこわばりなど全身症状もあらわれます。

下痢や嘔吐などが出ることもあるのは風邪と同様です。

喘息状態のように気道が炎症で狭くなることによって「ゼエゼエ」という呼吸音が聞こえることもあります。

ちなみに気管支炎のうち、完治する可能性があるものを急性気管支炎といい、気管支に器質的変化があり完治が困難な疾患や病態には慢性気管支炎という病名がつけられます。

 

急性気管支炎の原因

急性気管支炎の原因は風邪などの感染症がほとんどです。

ウィルスの種類としてはライノウィルスやパラインフルエンザウィルスなどが多いと考えられています。

そのため風邪の症状を治せば急性気管支炎も自然に治るでしょう。

ただし肺炎になる心配がある場合は、抗生物質を処方することで防ぐ必要があります。

Sponsored Link

ウィルス以外にはマイコプラズマや細菌などの病原微生物が原因で起こることもあり、希に刺激性のガスが原因で発症することもあるようです。

少し特殊なのがアレルギー体質や喫煙、大気汚染や粉塵、加齢などが原因の場合です。

これらは多くの場合慢性気管支炎に分類されます。

大気汚染など環境のせいで気管支炎になった場合は、引っ越すなどの根本的な治療が必要になるでしょう。

 

急性気管支炎はうつるのか?

image382
気管支炎そのものは風邪などの延長線上の症状なので、うつることはまずないでしょう。

しかし風邪そのものはウィルスや細菌が原因なので感染する恐れがあります。

急性気管支炎を発症している人は、他人に風邪をうつさないよう、咳やくしゃみなどによる飛沫に注意を払いましょう。

 

まとめ

急性気管支炎は風邪の延長にある症状で気管支の粘膜に炎症を起こす症状です。

急性気管支炎にかかると咳や痰などの症状に悩まされます。

急性気管支炎は風邪の症状の一部なので風邪を治せば自然に治癒します。

ただし慢性気管支炎の場合は完治が困難な疾患です。

急性気管支炎はあくまで風邪が悪化した結果、気管支にまで炎症が起こるという症状なので、気管支炎そのものがうつることはありません。

しかし風邪自体はウィルスや細菌が原因なので、急性気管支炎にかかった人は周りにうつさないように注意を払いましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ