【大曲花火大会】2015年の日程・場所・見どころをチェック!

大曲花火大会は例年、迫力のある花火が打ち上げられる日本三大花火大会の一つです。

花火師にとっても特別な大会で、内閣総理大臣賞など栄誉ある賞がもらえるため、国内で最も権威のある大会とされています。

全国の花火師が賞を勝ち取るため、腕によりをかけた花火を打ち上げる大曲花火大会の日程、場所、見どころをチェックしていきましょう!
Sponsored Link

大曲花火大会の日程

大曲花火大会は例年、8月の第4土曜日に開催されており、2015年度も8月22日土曜日に開催される見込みです。

開催時間は2部に分かれており、17:30〜18:15の昼花火の部、18:50〜21:30の夜花火の部があります。

雨天決行なので余程の荒天で無い限り開催されます。

荒天で順延される場合、順延日は未定なので運営に問い合わせる必要があります。

大曲花火大会の公式HPはコチラ

 

大曲花火大会の開催場所

大曲花火大会は秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川緑地が打ち上げ会場になります。

穴場スポットとしては以下の場所がおすすめです。

・姫神公園

会場からやや遠い場所に位置する公園です。

高台になっているので会場を一望でき、その遠さにもかかわらず花火がよく見え、楽しむことができます。

・大仙市立大曲中学校辺り

駅の近くの中学校です。

会場近くのため、臨場感は抜群にあります。

Sponsored Link

大曲花火大会の見どころ

大曲花火大会の見どころはやはりそのクオリティにあります。

全国から名立たる花火師たちが集まり、名誉ある賞をかけて競い合うということもあり、どの花火も規模・美しさともに他の花火では味わえないレベルです。

また会場対岸には姫神山・福伝山などがあり、これらの山々に反響する花火の音も大会を盛り上げる要素になっています。

毎年、競技の合間に上げられる「大会提供花火」も見どころの一つです。

全長500メートルに及ぶワイドスターマイン、フィナーレで一斉に上がる銀冠・錦冠、数ヶ所からシンクロで上がるトラの尾などは例年、大好評の花火になります。

どの花火も息をのむ美しさで迫力満点の花火です。

競技は昼の部と夜の部の二部に分けられての開催になります。

昼と夜で趣向の違う競技が見られるのもこの花火大会の楽しみの一つです。

昼花火の部では割物または煙竜で5号早撃ち5発の競技になります。

夜の部は課題・自由玉の10号割物の部と創造花火の部です。

創造花火では従来の花火の概念を破った斬新な花火を見ることができるでしょう。

 

まとめ

大曲花火大会は全国の花火師たちが賞を競い合う権威ある大会です。

いずれの花火も規模・美しさともにハイレベルで観覧者を惚れ惚れとさせてくれます。

昼の部・夜の部の2部構成でそれぞれ趣向や規模の違う花火を楽しめる花火大会です。

8月22日は全国屈指の花火を見るために大曲花火大会を観覧しに行きましょう!

image521

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ