台風一過とは?どういった使い方が正しいの?

image387
よくニュースなどで台風一過という言葉を聞くことがあります。

台風と関係がある言葉のようですがどういう意味なのでしょうか?

また暴風雨を伴う台風と関係なく、日常的な用語としても台風一過という言葉が使われる場合があります。

どうやら複数の意味があるようですが、どういった使い方が正しいのか気になるところです。

台風一過の意味とどういった使い方が正しいのかについて見ていきましょう。

Sponsored Link

一過とは?

image388
一過とは「サッと通り過ぎること」を意味します。

また台風一過という場合だと「一つ過ぎ去る」という意味でもあります。

 

台風一過の意味

台風一過とは要するに台風が通り過ぎた後に訪れる晴天のことです。

台風は通っているその最中には酷い暴風雨にさらされます。

しかし通り過ぎた後は高気圧が訪れて多くの場合、晴天が訪れるでしょう。

このように暴風雨が過ぎ去った後、晴れやかな天候が訪れることを表現する言葉です。

ニュースなどでは「台風一過で晴天が広がっております」といった言い回しで使われます。

 

日常用語としての使われ方

image390
台風一過にはもう一つ、日常用語として使われることがあります。

台風を「やんちゃ」な人や「問題児」に当てはめる使い方です。

Sponsored Link

この場合、台風一過は「やんちゃ」な人や「問題児」がいなくなった後に訪れる「騒動が収まった後の晴れ晴れとした様子」あるいは「大変なことが通り過ぎて安心したような、晴れ晴れとした気持ち」を意味します。

確かに問題児がいなくなったり、騒動が収まった直後はほっとして晴れやかな気分になりますよね!

 

台風一過で晴天が訪れる理由

image389
余談ですが台風一過で晴天が訪れる構造についても理解しておきましょう。

台風一過で晴天が訪れるのは、一つには台風の通過後に高気圧が訪れるためです。

台風というのは巨大な低気圧であり、上昇気流を生み出します。

上昇した大気圧は上空に停滞することで高気圧を形成し、台風通過後の高気圧が準備されるというわけです。

高気圧になれば天候は安定し晴天となります。

もう一つの理由は空気中のゴミが台風によって掃除されるからです。

大気中にはちりやほこりなどのゴミが滞留し、空には雲がかかっています。

しかし台風が通り過ぎればこれらのゴミや雲までもが吹き飛ばされ普段よりも空気が綺麗になり、太陽光が通りやすくなるのです。

これらが台風一過で普段よりも晴れ晴れとした晴天が訪れる理由になります。

 

まとめ

台風一過とは台風が過ぎた後に訪れる晴天のことを意味します。

あるいは問題児などがいなくなり騒動が収まって平穏が訪れたときのことをあらわす言葉です。

実際に台風中は酷い暴風雨ですが通り過ぎた時に訪れる晴天はいつにもまして晴れやかになります。

台風が通っている最中は危険ですので家から出ないようにして“台風一過”を待ちましょう。


【関連記事】

【台風・ハリケーン・サイクロン】それぞれの違いは何?

台風時によく聞くヘクトパスカルとは?その意味を理解しよう!

「台風〇〇号は温帯低気圧に変わりました」ってどういう意味?

【台風の進路の謎】なぜ急カーブを描いて日本に向かってくるのか?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ