退職勧奨とは?拒否したらどうなる?応じた場合の注意点は?

image396
会社が従業員をリストラする場合には二つの方法があります。

一つは会社が従業員をクビにする手続きを取ること、もう一つは従業員の方から辞職するよう促すことです。

会社が従業員を解雇する場合、日本の法律では厳格な要件があり、合法的に解雇するのは難しくなります。

そのため従業員を解雇するために従業員が自ら会社を辞めるように促す「退職勧奨」を行っている会社が多くあるようです。

退職勧奨を受けたとき拒否したらどうなるのでしょうか?

また応じた場合の注意点についても見ていきましょう。

Sponsored Link

退職勧奨のメリット

image397
退職勧奨は解雇のように会社からの一方的なリストラではなく、基本的に会社側と社員の合意によって行われるものです。

多くの場合、会社側と従業員双方にメリットがあります。

会社側のメリットとしては違法行為に問われずに済むことです。

前述のように解雇には厳しい用件が必要なので下手に労働者を解雇すれば使用者は罰を受けることになります。

労働者側の良い点としては「会社都合退職」になることです。

「会社都合退職」という名目であれば通常の「自己都合退職」よりも退職金の割り増しや失業給付日数が長くなるなどのメリットがあります。

 

退職勧奨を拒否した場合

image395
退職勧奨はあくまで自主的な退職を促すものなので当然、拒否することができます。

つまり、退職勧奨とは従う義務のない単なる会社側からの申し入れなのです。

もし退職することに納得がいかないのであればきちんと退職するつもりがないという意思表示をしましょう。

Sponsored Link

一度でも退職届を出してしまうと、撤回は非常に難しくなります。

会社側から不法に脅されたり、だまされたといった事実がないようであれば、自身が退職を望んでいなかったことを立証するのは非常に困難です。

退職勧奨を受けても、安易に受け入れず、よく考えてから行動するようにしましょう。

 

退職勧奨に応じた場合の注意点

image398
退職勧奨に納得し、応じる場合にも注意点があります。

まず「自己都合退職」にならないようにすることです。

前述の通り「自己都合退職」と「会社都合退職」では退職金や失業給付日数に違いが生じます。

その場の雰囲気に飲まれて「自己都合退職」にならないよう注意しましょう。

また退職の条件を会社に明記してもらうことも重要です。

口頭で伝えられた条件を鵜呑みにせず、文書にあらわしたものを受け取るようにしましょう。

後々の職安での失業給付の手続きにも関わってきますので慎重に事を運ぶように努めてください。

 

まとめ

退職勧奨とは社員に自主的に退職してもらうよう会社側が促すことです。

社員側には従う義務はありませんが、「自己都合退職」よりは退職金と失業給付の扱いが手厚くなります。

応じる場合の注意は「自己都合退職」ではなく「会社都合退職」にしてもらうことと、文書で退職の条件が明示されたものを受け取ることです。

職安での事実を証明する証拠にもなるので気をつけるようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ