ハイボールのカロリーはビールと比べると低い?ダイエット効果は?

一頃、宣伝などが多く流れ流行したお酒がハイボールです。

ウィスキーに炭酸を加えたおしゃれなお酒というイメージですが、カロリーが低く女性に優しいお酒という側面もあるようです。

ハイボールのカロリーはビールと比べてどれくらい低いのでしょうか?

またダイエット効果は本当にあるのでしょうか?

気になったので調べてみました!
Sponsored Link

ハイボールのカロリー

image418
ハイボールはビールの半分程度のカロリーしかないといわれています。

ハイボールの原料であるウィスキーが元々、蒸留酒であるためカロリーは低めです。

また糖質がゼロでプリン体もほとんど含みません。

糖質もプリン体も肥満の原因と考えられているため、ビールに比べハイボールは肥満になりにくいお酒ということになります。

 

ハイボールのダイエット効果

image415
ハイボールは糖質、プリン体、カロリーのいずれも少なめなのでダイエットにもってこいの飲み物です。

お酒はダイエットの天敵のように思われがちですが、このようなカロリーの少ないお酒は血行をよくするので、上手に使えばダイエットに有効なアイテムになります。

少し大変ですが、ご飯の代わりにハイボールを飲むなどすれば急激な体重減少につながるようです。

Sponsored Link

炭酸はお腹がふくれるので炭酸で割っているハイボールは確かにご飯の代わりになってお腹をふくらませることができるでしょう。

ただし急激なダイエットはかえって体調を悪くし、肌が荒れるので注意が必要です。

体と相談しながら無理のない範囲でハイボールを飲みましょう。

 

効果的な食事やお酒の配分

image416
ハイボールでダイエットをする場合は食事の配分を工夫すればより効果的です。

朝食、昼食をしっかり食べて夕食を少なめに摂りましょう。

宴会などでどうしても他のお酒を飲まなくてはいけない場合は、例えば乾杯だけビールを飲んでその後はハイボールを飲むなどすれば糖質やカロリーの摂取を押さえられます。

また他のお酒を飲みたいときもなるべく朝やお昼に飲むようにしましょう。

ランニングなど運動を取り入れればより効果的にダイエットすることができます。

ハイボール以外のカロリーが低いお酒を飲むという方法も良いでしょう。

ウイスキー、ブランデー、ウォッカなどの蒸留酒が太りにくいお酒になります。

 

まとめ

ハイボールはビールよりも糖質、プリン体、カロリーなど肥満の原因となるもの全てがビールよりも低めです。

そのためダイエットに効果的で、ダイエット中の女性でも楽しめるお酒になります。

ダイエット中の人はハイボールを飲みましょう。

どうしてもハイボール以外のお酒を飲まなければいけない状況の時は、一杯だけ飲むなど工夫して糖質やカロリーの摂取を極力避けるようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ