紫外線が目に与える悪影響とは?対策法はあるの?

image429
紫外線は肌に悪影響を及ぼします。

浴びすぎると皮膚ガンのリスクが高まり、免疫力が弱まる恐ろしい光線です。

美容にも悪くシミやソバカスが発生するので夏場は日傘や帽子、長袖の服で対策している方も多く見かけます。

このように肌に悪影響を与える事で知られている紫外線ですが、紫外線が目にも悪影響を与えることはあまり知られていません。

紫外線が目に及ぼす悪影響とは一体どのようなものなのでしょうか?

その対策法もあわせてみていきます。

Sponsored Link

紫外線が目に与える影響

image426
紫外線は目を充血させ、痛めます。

目には紫外線を防ぐ機能が備わっていないためです。

紫外線に弱い人は、夏場に少し外を歩いたり車の運転をしたりしているだけで目が充血したり、痛くなったりします。

これらの症状はまだ序の口です。

長時間、紫外線を浴びればもっと深刻な病気にかかるリスクもあります。

白内障や黄斑変性症などの目の病気です。

さらに目から受けた紫外線が角膜に影響を及ぼし、肌の老化を進行させてしまうこともあります。

 

目の紫外線対策

image428
目への紫外線対策で最も一般的なのはサングラスです。

夏場になればサングラスをかけて紫外線予防している方をよく見かけます。

しかし休日ならともかく仕事中にサングラスをかけるわけにはいきません。

Sponsored Link

代替案としてコンタクトレンズや眼鏡で紫外線カットのものを選ぶという方法があります。

最近では伊達眼鏡でも紫外線カットしてくれるものがありますので、眼鏡屋さんで作ってもらいましょう。

 

紫外線用サングラスや眼鏡を選ぶ際の注意点

image430
実際のサングラスや眼鏡の選び方ですが注目するのは透過率です。

サングラスなどは色の濃い方が紫外線をカットしてくれるのではと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そうとは限りません。

人間の目は暗いところで瞳孔が開き、より光を取り込もうとする構造になっています。

そのため安易に色の濃いサングラスを選んでしまえば、より多く光を取り込んでしまうでしょう。

サングラスや眼鏡は透過率の低いものを選びましょう。

 

目が充血してしまったときの対処法

image427
紫外線の影響で目が充血してしまったときにはしっかりケアする必要があります。

目のケアには、炎症を抑える成分の入った目薬が最も効果的です。

紫外線による目の炎症を抑える成分として硫酸亜鉛があり、パッケージに「UV」と記載されている目薬に含まれています。

市販のものであれば「ロートUVキュア」や「バイシンUV」などのような目薬が一般的です。

まとめ

紫外線には肌だけではなく目への悪影響もあります。

夏場、外に出ているだけで目が充血したり、目が痛くなってきたなら、それは紫外線によって目が炎症を起こしている可能性が高いです。

紫外線をカットするサングラスや眼鏡、コンタクトレンズをかけましょう。

もし目が充血してしまった場合には紫外線用の目薬をさせばケアすることができます。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ