ラジオ体操の効果は行う時間帯によって異なるってホント?

image431
ラジオ体操といえば、夏休みに朝早くから近所の子供たちで集まって、景品目当てに毎日通ったものでした。

私も親に起こしてもらい、寝ぼけ眼をこすりながら体操していたことを覚えています。

このように誰しも子供の頃、夏休みになれば通っていたラジオ体操ですが、ラジオ体操は子供の早起きを促すだけのものではありません。

実際にはもっと多くの健康に関する効果があります。

また時間帯によってもその効果は違うのだとか。

そこで今回は、ラジオ体操の効果と時間帯による効果の違いについて見ていきます。

Sponsored Link

ラジオ体操の効果

image432
ラジオ体操には健康に関して様々な効果があります。

1.便秘改善

ラジオ体操は便秘改善に効果的です。

ラジオ体操の体をひねったりねじったりする運動は腸内のぜん動運動を促し、排泄を活発にします。

最近便秘がちという方はラジオ体操の特にひねったりねじったりうする運動をやってみましょう。


2.病気になりにくい体質に

ラジオ体操をすればリンパの流れが改善されて病気になりにくい体質になります。

細菌やウイルスなどが体内に侵入すれば、退治するのがリンパです。

リンパの流れが悪いと病気がちの体になりますが、リンパの流れが良ければ病気に強くなります。

またリンパの流れを良くすると、老廃物の排出を促すため美容にも効果的です。


3.柔軟性のアップ

ラジオ体操には体を柔らかくする効果があります。

柔軟性が上がれば体に様々な好影響があらわれるでしょう。

ひとつには肩こり・膝痛・腰痛などの慢性的な症状を改善し、予防につながります。

体が硬ければ姿勢が悪くなりがちなので姿勢改善にも有効です。

Sponsored Link

4.新陳代謝の活性化

ラジオ体操をすれば骨格筋が鍛えられます。

骨格筋は体の中で最も代謝量が多い部分にあたり、この筋肉を鍛えれば新陳代謝の活発な体を作ることができ、脂肪を燃焼させやすく太りにくい体を手に入れることができるでしょう。

また新陳代謝をよくすることはすなわち血行をよくすることにもつながるので冷え性対策としても有効です。

 

時間帯による効果の違い

image433
ラジオ体操はやる時間帯によって効果が変わります。

健康に最適なのは朝

ラジオ体操に最適な時間帯はやはり朝です。

腸内のぜん動運動を促す便秘効果からも朝が最適であることが分かります。

基本的に排泄は朝の時間にするのが良いとされているためです。

また神経の切り替えの観点からも朝が最適です。

朝は副交感神経から交感神経に切り替えを行う時間帯で、睡眠モードから起床モードに切り替える大切な時間帯です。

ラジオ体操はこの交感神経の切り替えを促してくれ、寝覚めをよくしてくれます。


ダイエットに効果的なのは夕方

ダイエット目的の場合は夕方の方が効果的です。

夕方は人間の体温が最も上昇する時間帯なので、必然ラジオ体操によるカロリーの消費も多くなります。

ダイエット効果といっても微弱なものですが、毎日しているとそのちょっとした違いが大きな違いになっていくでしょう。

太りにくくなる体質を作れるので着実な効果が見込めるはずです。

 

まとめ

ラジオ体操には便秘改善・病気になりにくい体質・柔軟性の向上・新陳代謝の活性化などの効果があります。

最も効果的なのは朝の時間帯で、神経の改善にもつながるでしょう。

ダイエット目的の方は夕方に行うのが最適です。

ラジオ体操をして綺麗で健康的な体を手に入れましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ