コーヒーの効果・効能とは?飲み過ぎると副作用が生じる?

image438
コーヒーは我が国でも非常に親しまれている嗜好品です。

愛飲している方も多いことでしょう。

眠気覚ましとしても有用なコーヒーですが、古来より薬として利用されてきたものでもあり、効果効能も多くあります。

その一方でアルコールやタバコに比べれば微弱なものの、体に害があるという指摘も根強く、副作用が心配なところです。

コーヒーの効果効能にはどのようなものがあるのでしょうか?

また、コーヒーを飲み過ぎた場合の副作用にはどんなものがあるのかについても見ていきます。

Sponsored Link

コーヒーに含まれる成分

image441
コーヒーのほとんどは水分なので極わずかに含まれる脂質やタンパク質を除けば栄養はほとんどありません。

特にブラックコーヒーならカロリーの心配は無用です。

体重を気にせず嗜好できるので、甘い物を控えているダイエット中の方にとっては強い味方ですね。

一方で既に様々なメディア等で取り上げられていますが、コーヒーにはトリゴネリン、ニコチン酸、褐色色素、ポリフェノール、タンニン、クロロゲン酸、カフェー酸、そしてカフェインなど薬理作用のある成分が多く含まれています。

これらは体の機能を助け、いくつかの病気の予防にも役立ちます。

 

コーヒーの効果・効能

image439

心身の機能を高める効果

コーヒーは現在ではビジネスライクな嗜好品というイメージが強い飲み物ですが、実は心身の機能を高めてくれる多くの効果があります。

Sponsored Link

以下がコーヒーによって高められる効果です。

・眠気や疲労を取り除く

・思考力・集中力の向上

・呼吸機能・運動機能の向上

・利尿効果

・胃液の消化作用促進

・二日酔いの抑制

・頭痛の抑制


病気を予防する効能

古くから薬として利用されてきたコーヒーだけに病気の予防や症状の改善にも効能があります。

以下がコーヒーによって予防・改善が期待される病気です。

・認知症予防

・気管支喘息や狭心症の改善(ただし効果は微弱)

・肝臓がん、消化器官のがん予防

・動脈硬化の予防

 

コーヒーの副作用

image440
様々な効能があり、薬として利用されてきたコーヒーですが残念ながら、副作用もいくつかあるので、飲み過ぎは厳禁です。

コーヒーの飲み過ぎによってあらわれる副作用には以下のものがあります。

・消化性胃潰瘍

・貧血

・発がん性

・口臭

特に胃潰瘍については注意しましょう。

コーヒーを飲み過ぎて胃腸の調子を崩す方は多くいらっしゃいます。

しかしこれらはあくまで飲み過ぎた場合の話です。

何事にもいえますが、飲み過ぎや過剰摂取は体を壊すのでほどほどにしましょう。

 

まとめ

コーヒーは古くから親しまれてきた嗜好品であるとともに薬としての役割も担ってきました。

様々な効能があり、思考力を向上させ疲労を取り除いてくれるので、ビジネスマンにとっては強い助けとなります。

その一方で、飲み過ぎれば胃潰瘍や発ガンなどの副作用があるので、注意が必要です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ