春服と秋服の違いとは?コーディネートの注意点は?

image450
毎年、春になれば春服と呼ばれるものが店に並び、秋になれば秋服が店に並びます。

当然のことのように思いがちですが、冷静に考えれば秋も春も気温はほとんど同じです。

服装は基本的に気候に合わせるものなので、春服と秋服に分ける意味が無いように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

人によっては深く考えずに春服と秋服を一緒くたにしているかもしれませんが、やはり春服と秋服で区別されているのには理由があります。

春服と秋服の違いとは何なのでしょうか?

コーディネートの注意点と一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

春服と秋服の違い

image448
春服と秋服の違いは主に色と生地の素材です。

本当のところをいうと春も秋も気温は同じなので服装を変える必要はありません。

しかし我が国においては四季のうつろいを意識する文化が生活のあらゆる場所に根付いています。

服装においても同様で、春の桜が咲く時期に濃い色の服装をしたり、秋の紅葉の時期に薄い色の服装をすると周りから浮いてしまいます。

春は黄緑やピンクなどのシャーベットカラー、パステルカラーで、生地は麻、綿、シフォンなど薄く軽いものを着ましょう。

秋はブラウン系、ボルドー、カーキなどの濃いめのダークカラーで、ベロア、ウールなど厚手の生地がおすすめです。

Sponsored Link

コーディネートの注意点

image447
春服と秋服の違いが分かったところでコーディネートについて考えていきましょう。

いくら春服が薄めの色、秋服が濃いめの色と決まっているとしても、コーディネートをないがしろにしては台無しです。

例えば春だからといって全身薄い色にしてしまうと子供っぽい印象を与えてしまいます。

また秋だからといって全身を濃い色で統一してしまうとオタクっぽく見られてしまうでしょう。

色合いにはメリハリが必要です。

 

春秋両用の服

image449
コーディネートを決めるに当たって色合いのメリハリが重要ですが、ではどのようにメリハリをつければ良いのでしょうか?

おすすめなのは春でも秋でも共通して使えるベーシックカラーの服装と組み合わせることです。

黒や白、ベージュ、紺色などはどの季節でも通して使うことが出来ます。

インナーやパンツ、スカートなどに黒や白を取り入れ、その上で春らしい薄い色のものや、秋らしい濃い色の上着を着ましょう。

靴などに白黒を取り入れてアクセントをつけるのもおすすめです。

他に季節を問わず使える服としてデニムやボーダーのアイテムなどがあります。

効果的に取り入れていろいろ試してみましょう。

 

まとめ

春服と秋服の違いは主にカラーと素材です。

春には薄い色、軽い素材を取り入れましょう。

秋には濃い色に厚めの生地が自然です。

コーディネートでは黒や白を効果的に使い色にメリハリをつけるよう効果的に衣服を組み合わせましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“春服と秋服の違いとは?コーディネートの注意点は?” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    役に立たない薄い内容の記事だこと・・・。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ