紅茶の種類と効能をチェック!おすすめの飲み方とは?

image454
紅茶は嗜好品として広く親しまれています。

種類や味も豊富でケーキなどお菓子との組み合わせもよくこだわりを持って愛飲している方も多いのではないでしょうか?

単に味を楽しむだけでなくティーカップや入れ方などにこだわることができるのも紅茶の魅力ですね。

このように様々な楽しみ方ができる紅茶ですがただの嗜好品ではなく効能も多くあります。

紅茶の種類と効能についてチェックしましょう。

おすすめの飲み方も併せて見ていきます。

Sponsored Link

紅茶の種類

image452
紅茶には多種多様の種類があります。

ここでは世界三大銘茶を紹介します。

ダージリン

北インドでとれる紅茶で、紅茶の中でも強い香りを持つ種類です。

格別な香味を味わうためにも多くの場合ストレートで飲まれます。


ウバ

セイロン島南部でとれる紅茶です。

特徴としてメントール風の爽やかさと適度な渋みを楽しむことができます。

ミルクティーに向いている種類です。


キーマン

中国安徽省でとれる紅茶です。

スモーキーなテイストと甘い香りが特徴です。

中国で栽培されていますが、イギリスの水との相性が良くイギリスで大流行した種類です。

 

紅茶の効能

image451
紅茶には「紅茶ポリフェノール」、「カフェイン」、「テアニン」、「フッ素」などの成分が含まれており、実に様々な効能があります。

Sponsored Link

以下が紅茶の代表的な効能です。

・殺菌効果

・コレステロールの低下

・アンチエイジング

・脂肪燃焼効果

・ビタミンミネラルの補給

・ストレス解消、疲労回復

・体を温める効果


【関連記事】コーヒーの効果・効能とは?飲み過ぎると副作用が生じる?

 

おすすめの飲み方

image453
紅茶には様々な効果があり、その中でも特に体を温める効果が特徴的です。

この体を温める効果を最大限に生かす飲み方として生姜(しょうが)と組み合わせましょう。

生姜には体内の血液の流れを活発にする効果がある「生姜オール」という成分が含まれています。

体の中から暖めてくれるので非常に効果的です。

紅茶と併せて飲めば、相乗効果でさらに温かくなるでしょう。

冷え性の人には特におすすめです。

生姜入りの紅茶の作り方も簡単で、紅茶に生姜を少し加えるだけでできあがります。

生姜はすり下ろしたもの、粉末のもの、薄切りにしたものなどどのような形状でもかまいません。

 

まとめ

紅茶には様々な種類があり、世界三大銘茶と呼ばれるダージリン・ウバ・キーマンが代表的なものです。

紅茶は嗜好品として広く親しまれていますが、効能も多くあります。

殺菌効果や脂肪燃焼効果、疲労回復に有効ですが、特に体を温めるのに有効です。

体を温めるためには紅茶の中に生姜を加える飲み方があります。

冬場の冷え込む日に温まるために、あるいは冷え性の方は改善のために一度試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ