山陰新幹線とは?ルートや停車駅はどうなる?

image480
山陰新幹線とは大阪市から山陰地方を経由し下関に至る路線を走る予定の新幹線です。

全長は約550kmが予定されており、実現すれば東京から出雲まで日帰りで行けるようになる魅力的な計画ですが、いまだ計画の段階でどのようになるかはわかりません。

一方で停滞している計画を再び動かすために山陰地方の市長たちを中心に調査を進める動きもあります。

山陰新幹線が開通すればルートや停車駅はどうなるのでしょうか?

Sponsored Link

山陰新幹線のルート

image478
区間としては福知山線と山陰本線福知山〜幡生間に相当します。

鳥取・松江が経由地として計画されており、開通すれば岡山と松江を結ぶ中国横断新幹線と舞子で乗り入れが行われる予定です。

 

山陰新幹線の停車駅

予想される停車駅としては、新大阪駅・篠山・福知山駅・豊岡駅・新浜坂駅(湯村温泉付近)・鳥取駅・倉吉駅・米子駅・松江駅・出雲市駅・太田市駅・江津駅・浜田駅・益田駅・東荻駅・長門市駅・新下関駅などが予想されます。

あるいは岡山駅、新見駅、玉造温泉駅、京都駅、新園田駅、城崎温泉駅、新下市駅なども含まれるかもしれません。

 

並行在来線

京都駅から城崎温泉駅、伯耆大山駅から西出雲駅と福知山線はJR西日本直営のまま運営されることが予想されます。

仙崎支線や残りの路線は廃止されるか第三セクターとなるでしょう。

 

計画中断の背景

山陰新幹線は高度経済成長期の1973年11月15日に基本計画が策定されました。

しかし、オイルショックが起こり計画が狂います。

オイルショックに伴い総需要抑制策がとられ、その後の経済の低成長も相まって事実上計画は中断されました。

Sponsored Link

全線の建設費用は4兆円といわれるビッグプロジェクトで、完成後には中国横断新幹線との乗り入れも計画されていますが、沿線都市の人口が少ないこともあり採算がとれるかは微妙です。

このような背景から現在も計画は中断されています。

 

計画推進の動き

山陰新幹線は計画中断されているものの既に新幹線開通時のために使用されるであろう施設が一部で存在しています。

新下関駅にあるホーム増設用スペースや留置線などが山陰新幹線のために使われる予定だった施設のようです。

また山陽新幹線の設備老朽化に伴う大規模改修時や、災害などで不通になった場合のルートとして山陰新幹線を期待する声も根強くあり、鳥取市・松江市・京丹後市の3市町が山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議を発足するなどの動きがあります。

 

まとめ

山陰新幹線は大阪市から下関市までの山陰地方を結ぶ新幹線を開通する計画です。

高度経済成長期に計画されましたが、オイルショックなどのあおりを受けて現在計画は頓挫されています。

計画推進の動きなどがあるもののどうなるかは不透明な状態で望みは薄そうです。

しかし実現すれば非常に便利な路線になるので推進を促す方々には頑張っていただきたいところですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“山陰新幹線とは?ルートや停車駅はどうなる?” への4件のフィードバック

  1. 管理人様初めまして。出来れば明石海峡淡路島~徳島ルート(四国新幹線との供用)との供用が良いと思います。明石から、鳥取県、島根県へと開通させられれば良いと考えますが、もしもお気に召さなければ削除でも結構ですので。(激爆)

  2. 其れでも駄目なら、瀬戸大橋線岡山~松江ルート(中国横断新幹線)との、 ”供用” も考えられますけど。(大爆)

  3. 正論 より:

    沖縄新幹線早く作れ。沖縄も地域に取り残されたくない。鹿児島から延長するだけだ

  4. ナオキングドッグ より:

    おそらくフル規格では、採算が取れないので フリーゲージトレインで三田から西脇と、和田山、鳥取市に、短絡線をつくりあとは在来線を使用し、各停車駅で在来線に入線出来れば新たな行き方が、できると思う

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ