睡眠障害の症状や特徴をチェック!原因や予防法は?

image485
睡眠障害とは睡眠に何らかの問題がある状態で、睡眠に関する様々な病気の総称です。

不眠や昼間異常に眠くなる過眠に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

睡眠障害は国民病という指摘もあるようです。

実際、日本人のうち一般男性の20%以上が不眠に悩んでいるといわれています。

子供の時にはぐっすり眠れていたはずなのになぜ大人になると眠れなくなるのでしょう。

睡眠障害の症状や特徴、原因や予防法について見ていきましょう。

Sponsored Link

睡眠障害の症状

image481
睡眠障害の種類は大きく分けて以下の四つがあります。

不眠

熟睡できない、朝早く起きてしまう、途中で起きてしまい再び眠ることが出来ない、寝付きが悪くなかなか眠れない、などです。


過眠

日中に眠くて仕方がなくなる症状です。

夜十分に眠っているにもかかわらず日中眠い場合は過眠症を疑いましょう。


就寝時に異常感覚を感じる

脚に異常を感じ、火照ったりむずむずしたりしてじっとさせられない、そのためよく眠れないという場合はむずむず脚症候群が疑われます。


睡眠・覚醒リズムに支障がある

適切な時刻に眠ることができず、起床も望む時間にすることができない。

この他に睡眠中のいびきや無呼吸、異常行動、異常運動も睡眠障害に含まれます。

 

睡眠障害の原因

image484
睡眠障害の原因はまだはっきりしないところがありますが、人口の高齢化、ストレス、生活リズムの乱れ、ライフスタイルの多様化などが背景にあると考えられています。

 

睡眠障害の治療法

image482
睡眠障害の治療法は該当する睡眠障害によって様々です。

不眠

不眠症状にはその症状に応じて睡眠薬や精神安定剤などで治療が行われます。

Sponsored Link

一旦症状が改善した後も急に止めるとリバウンドが起きてしまうので、医師の指示に従って、徐々に薬の量を減らすようにしましょう。


過眠

できるだけ規則的な生活をするという治療法が施されます。

夜間の睡眠をじっくりとり、昼寝も上手く取り入れましょう。

医師の診察と検査の結果によっては中枢神経刺激薬が使用されることがあります。


むずむず脚症候群

専門医の診察のもと、抗てんかん薬や抗パーキンソン病薬が使用されます。

睡眠・覚醒リズムに異常がある場合

覚醒リズムに異常がある場合必要なのは体内時計の調整です。

朝の光を浴びることや、同じ時刻に起床することで体内時計をリセットします。

睡眠薬を使う場合は医師の指導を仰ぐようにしましょう。

 

睡眠障害の予防法

image483
睡眠障害を予防するにはとにかく睡眠習慣を見直すことです。

睡眠週間の見直しは予防法というだけでなく治療法でもあるので睡眠障害の人も、そうでない人にとっても注意を払う重要なことです。

睡眠習慣に以下のことを取り入れてみましょう。

・睡眠時間にこだわらず無理に眠ろうとしない。

・眠くなってから床に就くようにする。

・同じ時刻に毎日起床する。

・布団の中でテレビを見たり読書をしたりしない。

・昼寝は短めにして、15時よりも前にする。

 

まとめ

睡眠障害は睡眠の異常に関するあらゆる病気の総称です。

睡眠障害には不眠、過眠、就寝時の異常感覚、覚醒リズムの異常などがあげられます。

原因としてストレスや生活リズムの乱れなど多様なので慎重な診断が必要です。

治療には睡眠習慣の見直しや睡眠薬の服用などが行われます。

睡眠習慣の見直しは予防にもつながるので、生活リズムが乱れがちな人は睡眠週間の見直しに取り組んでみましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ