【三沢基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

image505
毎年、青森県の三沢基地では三沢基地航空祭が開催されます。

三沢基地は航空自衛隊が唯一、日米共同で使用する航空作戦基地です。

そのため自衛隊の陸、海、空の自衛隊機はもちろん、米軍の航空機や海軍機も見ることができます。

また例年ブルーインパルスの展示飛行が見られることでも有名な航空祭です。

ブルーインパルスとは航空機で華麗なアクロバット飛行を披露する専門のチームになります。

航空機に興味がある人は2015年の日程とツアーをチェックして参加しましょう。

Sponsored Link

三沢基地航空祭の日程

2015年の三沢基地航空祭は9月13日(日)に開催されます。

住所は青森県三沢大字三沢字後久保125-7です。

入場料は基本的に無料ですが、特設観覧席だけは有料になります。

開催時間は9:00〜15:00になります。

 

三沢基地航空祭の見どころ

三沢基地航空祭の見どころはなんといってもブルーインパルスです。

2013年は雨のため中止になりましたが、今年は快晴の中、華麗なアクロバット飛行を見れることに期待しましょう。

またこの航空祭のもう一つの魅力は出店です。

特に「アンソニーのピザ」というピザは是非とも食べてみてください。

とても人気のピザ屋さんで10時前の時点でお客さんの列ができています。

Sponsored Link

このピザ屋さんを展開しているのはAAFESという米軍の陸軍空軍福利厚生組織です。

ピザ屋さんだけでなくアメリカングッズを販売するいろいろな店があるので見て回ると面白いでしょう。

 

ツアーのおすすめは?

image504
三沢基地航空祭は駐車場が近くにあるので車で直に行くこともできますが、現地で迷ったり渋滞に巻き込まれたりといった面倒事もあります。

三沢基地航空祭にはツアーで行くのがおすすめです。

おすすめのツアーは夜行バスブルーライナー読売旅行の二つあります。

夜行バスブルーライナーの方は7月上旬に料金など詳細が発表され販売開始されるので時期が近づいたらチェックしましょう。

読売旅行は料金が18,980円、0泊2日の日程になります。

航空祭前日の21:00〜22:40に各集合場所を出発し、当日の7:00に航空自衛隊三沢基地航空祭の会場に到着します。

食事などは付いていないので全て自由にすることができるとのことです。

 

まとめ

三沢基地航空祭は自衛隊が広報目的をかねて行われる基地内の見学や航空機の飛行を披露するイベントです。

中でもブルーインパルスによるアクロバット飛行は、見るものを圧倒する展示飛行なのでぜひ見に行きましょう。

付近には駐車場もありますが、いろいろと煩わしい問題に悩まされるので、ツアーを利用するのがおすすめです。


【関連記事】

【小松基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

【百里基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

【築城基地航空祭】2015年の日程は?おすすめバスツアーは?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ