【小松基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

image508
小松基地航空祭は毎年9月頃に石川県で開催される航空祭です。

小松基地にはF15などが常駐するので、数ある航空祭の中でも最も華やかな航空祭を見ることができます。

航空ファンにとっては必見の航空祭ですね。

2014年には13万人の来場者を記録しています。

小松基地航空祭の2015年の日程やおすすめのツアーについて見ていきます!

Sponsored Link

小松基地航空祭の日程

2015年の小松基地航空祭は9月21日(月)の祝日に開催されます。

開催時間は7:45〜15:30です。

 

小松基地航空祭の見どころ

小松基地航空祭の見どころはなんと言っても名物であるF-15イーグルの背中祭です。

F-15は冷戦下にアメリカの主力戦闘機として開発された機体ですが、現在でも世界トップクラスの性能を誇る航空機になります。

このお祭ではF-15イーグルが背中を見せながら豪快に飛ぶ姿を見せてくれるのです。

その勇姿はちょっとした感動を呼びます。

また午後からは大人気のブルーインパルスの飛行展示が行われます。

Sponsored Link

ブルーインパルスは航空自衛隊のことを人々に知ってもらうために、編成された華麗なアクロバット飛行を披露する専門のチームです。

午前、午後ともに非常に豪華なプログラムなので一日中楽しむことができるでしょう。

 

おすすめのツアー

image504
小松基地航空祭では付近に駐車場もあるので車で行けないこともないのですが、その場合、悩まされるのが渋滞です。

特に小松基地航空祭は全国的に有名な航空祭なのでどうしても混雑は避けられないでしょう。

そのためツアーで行くのがおすすめです。

おすすめのツアーは夜行バスブルーライナー読売旅行になります。

夜行バスブルーライナーは7月上旬に料金など詳細が発表され販売開始されるので時期が近づいたらチェックしましょう。

読売旅行の方は各営業所でそれぞれのプランと料金が掲載されています。

日帰りバスツアーの他、観光を含む一泊二日のプラン等、各営業所により様々なプランが用意されています。

一例を挙げますと、前橋営業所からのものは北陸新幹線での旅で、雨晴海岸、氷見、国宝・瑞龍寺、池田屋安兵衛商店などの観光を含む一泊二日のプランで、料金は46,980〜51,480円になります。

 

まとめ

小松基地航空祭は全国でも屈指の航空祭です。

F-15やブルーインパルスなど豪華な陣容のプログラムで航空ファンを満足させてくれるでしょう。

渋滞に巻き込まれないようにツアーを利用するのがおすすめです。

夜行バスブルーライナーは7月に詳細が発表されます。

読売旅行は各営業所からのツアー予約や仮受付ができるので参加予定の方は早めに予約しておきましょう。


【関連記事】

【三沢基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

【百里基地航空祭】2015年の日程は?ツアーのおすすめはココ!

【築城基地航空祭】2015年の日程は?おすすめバスツアーは?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ