偏頭痛の原因と対処法が知りたい!女性の方が罹りやすい理由とは?

image533
女性にとって偏頭痛は悩みの種です。

定期的に痛みがあらわれて、もはやあきらめている方も多いのではないでしょうか?

偏頭痛は仕事や日常の作業に支障を来します。

吐き気を催す偏頭痛から軽度の偏頭痛まで色々ありますが、日々気持ちよく生活するためにもどうにか解消したいところです。

そこで今回は偏頭痛の対処法と女性がかかりやすい理由について見ていきましょう。

Sponsored Link

頭痛の種類

image531
頭痛には様々な種類があります。

首や肩の凝りなど筋肉の緊張によって起こる緊張型頭痛、アイスクリームなどを食べたときの生体反応としての頭痛、脳の病気によって起こる頭痛など原因は様々です。

偏頭痛は血管の収縮・拡張のリズムが乱れることで起こり、過度のリラックス・飲酒・生理・熱すぎるお風呂・不規則な生活リズムなどがきっかけになります。

一種類の頭痛が起きることもあれば、複数の頭痛が同時に起こっていることもあるので、頭痛がする場合、どれに該当するのか見極めることが重要です。

 

偏頭痛の原因

image530
偏頭痛の原因はいまだはっきりしていません。

血管が拡張し、血液の流れが急に良くなることで、血管の近くにある痛みの受容体が活性化されるのではないかという説がいまのところ有力です。

いずれにしても、偏頭痛が女性ホルモンの変化に関係している可能性は高いです。

実際、女性ホルモンが急激に変化する生理前後は偏頭痛が起こりやすく、女性ホルモンが安定する妊娠中は偏頭痛が起こりにくくなるようです。

Sponsored Link

偏頭痛の対処法

image532

緊張型頭痛の場合は痛みのする部分を温めるのに対し、偏頭痛は痛みのする部分を冷やすことが有効です。

音や光のない場所で安静にするとより効果が高まります。

痛みが酷くなる前に予防することも重要です。

偏頭痛の原因は不規則な生活リズムや過度の飲酒による場合が多いので、規則正しい生活を送り、三度の食事をしっかり摂るようにしましょう。

どうしても酷い場合はお医者さんに相談して鎮痛剤などのお薬を処方してもらうのも一つの手です。

自分に合った薬を飲み続ければ症状が改善されることがあります。

 

まとめ

偏頭痛は血管が拡張することによって起こる頭痛です。

原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関係している可能性が高く、そのため女性に多く起こると考えられています。

生活リズムの乱れや偏った食習慣、飲酒によって起こりやすくなるので、偏頭痛が頻繁に起こる方は気をつけましょう。

偏頭痛が起こった場合の対処法としては患部を冷やし、暗く静かな場所で安静にするのが効果的です。

また我慢できないほど頭痛が酷い場合には鎮痛剤などを服用しましょう。

自分に合ったお薬を見つけられれば快方に向かう可能性があります。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ