【男性の体脂肪率】理想はどのくらい?年代によって異なる?

image549
体脂肪はやっかいな存在です。

少し太り気味の方にとっては何よりも憎い存在なのではないでしょうか?

ダイエットは単に体重を少なくすればいいというわけではありません。

体重が少なくなっても体脂肪率が高ければ、ぷにぷにした二の腕やたるんだおなかは改善されないでしょう。

特に男性の場合、働き過ぎで、不規則な生活リズム・暴飲暴食・不眠などから体脂肪率が上昇しがちです。

体脂肪率が上昇すれば深刻な病気になることもあります。

かといって痩せすぎてもまた不都合があるのがやっかいなところです。

それでは、理想的な体脂肪率とはどのくらいなのでしょうか?

そこで今回は、男性の理想の体脂肪率について見ていきましょう!

Sponsored Link

体脂肪が及ぼす健康への影響

image535
体脂肪は何も見た目を左右するだけの物ではありません。

体脂肪には体温調節機能、免疫や性機能、エネルギー備蓄機能など身体の健康を維持する重要な機能を担っています。

そのため体脂肪率が高すぎても低すぎても、不健康を招くでしょう。

体脂肪が高すぎれば高血圧や糖尿病などの生活習慣病に陥り、体脂肪率が低すぎれば免疫力が低下し、感染症や風邪にかかりやすくなります。

適切な体脂肪率を実現するのが健康への近道です。

 

男性の理想の体脂肪率

image547
以下が年代別による男性の理想の体脂肪率です。

・ 0歳〜14歳  ・・・  7%〜24%

・15歳〜17歳 ・・・  8%〜23%

・18歳〜39歳 ・・・ 11%〜21%

・40歳〜59歳 ・・・ 12%〜22%

・60歳以上   ・・・ 14%〜24%

上記のように年代別に微妙に許容範囲が違い、年齢が上がるにつれて許容可能な体脂肪率が上昇していきます。

男性は女性に比べて肥満の基準がやや厳しいので注意が必要です。

Sponsored Link

体脂肪率を管理する方法

image548

痩せすぎの方や太りすぎの方は体脂肪率を適切な数値にする必要がありますが、急激な体脂肪率の変化はかえって体調を崩してしまいます。

規則正しい生活リズム・適度な食事・適度な運動をして少しずつ理想の体脂肪率に近づけていきましょう。

ダイエットをする場合、体重を量るだけでは足りません。

体脂肪率も管理するために体脂肪計を使いましょう。

体脂肪計にはタニタの製品がおすすめです。

手頃な値段の物から高機能高価格の物まであるのでニーズに合った体脂肪計が見つかるでしょう。

 
タニタ製品が最大40%OFF

 

まとめ

体脂肪は身体の健康を維持するために非常に重要なものなので、適切な体脂肪率を保つことが大切です。

太りすぎれば生活習慣病を引き起こし、痩せすぎても感染症や風邪のリスクが高まります。

理想の体脂肪率を目指しましょう。

年齢を重ねるにつれて体脂肪率の許容範囲は狭まるので体脂肪率の管理を厳重にする必要があります。

体脂肪計を用いて毎日、体脂肪率をはかるのを習慣にしましょう。

体脂肪率の増減に注意して運動の量を増やしたり食べる量を調節したりすれば健康的な生活が送れるはずです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ