防災の日とは?当日は給食の献立がいつもと違う?

image579
防災の日とは関東大震災にちなんだ記念日です。

1923年9月1日、関東大震災が神奈川県・東京府を中心に千葉県・茨城県から静岡県まで甚大な被害を及ぼしました。

日本史上最大級の被害を与えたと言われています。

その後、1960年に至って政府は防災の日を9月1日と定めました。

防災の日には防災訓練だけでなく、学校によっては給食も関東大震災にちなんだものが出るようです。

防災の日と給食について見ていきましょう。

Sponsored Link

防災の日制定のいきさつ

image578
1960年、政府は9月1日に発生した関東大震災を忘れないことと、例年台風が襲来する時期に防災への備えを喚起する意味で、内閣の閣議了解により、9月1日を防災の日と制定しました。

制定されるまでは例年、関東大震災の慰霊祭が中心でしたが、防災の日が制定されて以来は全国各地で防災訓練や防災に関連するイベントが行われています。

 

防災の日の給食

防災の日に学校によっては給食も関東大震災にちなんだものが出されます。

防災の日にちなんだ給食にはカレーライスが出るようです。

カレーライスに使うお米も災害にちなんだものでアルファ米などが使われます。

アルファ米とは水とお湯だけで調理できるお米で、災害時の非常食として有用な食品です。

またお米の炊き出しにも炊飯器ではなくお釜を使うところもあります。

これは東日本大震災の教訓を受けたものです。

Sponsored Link

東日本大震災では岩手県の給食センターが被災地におにぎりを供給するために炊飯器をフル稼働させましたが、炊飯器に熱がこもった結果、上手く炊けないようになったというエピソードがあります。

その教訓を生かしてお釜で炊き出しを行うということです。

 

防災給食の意味

image580
防災の日に給食がいつもと違うのには震災の慰霊を意味するだけでなく、いざ災害が起きたときのことを考えての対策の意味もあります。

実際に災害が起これば災害用の非常食が配給されることになるでしょう。

災害時には救給カレーが配給されますが、そのときに子供たちが災害食になれていないようでは困ります。

災害時も円滑に子供たちが非常食を食べられるようにと工夫しているのですね。

 

まとめ

防災の日は関東大震災にちなんで制定された記念日です。

関東大震災が起こったのは1923年ですが、制定されたのは1960年になります。

防災の日には防災訓練の他、防災にちなんだイベントが全国各地で実施され、給食も防災仕様です。

防災の日の給食は災害時の非常食を想定したものや、災害で被害に遭った人々を偲ぶ食事が出されます。

災害について思い出すことができると同時にいざというときの訓練にもなるので一石二鳥ですね。

災害対策は非常に重要なことですが、普段の忙しさにかまけてついつい忘れがちです。

防災の日に給食という形で思い出して訓練できるというのは良いアイディアなのではないでしょうか?

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ