刑事と書いて「デカ」と読むのはなぜ?語源や由来をチェック!

image582
かつての人気ドラマに『あぶない刑事』、『刑事貴族』といった作品があります。

これらのドラマ、表記はいずれも「けいじ」ですが、「デカ」と読むのは周知の事実ですよね。

ではなぜ、「刑事」と書いて「デカ」と読むのでしょうか?

気になったのでその語源や由来について調べてみましたよ!

Sponsored Link

「デカ」の語源とは?

image581
明治時代、刑事さんたちは和服の上に四角い形をした袖、いわゆる「角袖」の和外套を羽織っていました。

そのため、当時の刑事さんは「カクソデ」と呼ばれていました。

この「カクソデ」が「デカ」の語源となります。

ちなみに、巡査は黒い脚あてを付けていたため「足黒(アシクロ)」、立ち番をする制服巡査は「ポスト」と呼ばれていたそうです。

 

「カクソデ」が「デカ」となった由来

image583
ではなぜ、「カクソデ」と呼ばれていた刑事の呼び名が「デカ」へと変化したのでしょうか?

今も昔も刑事さんのお世話になる者達といえば、反社会的なアウトローたちです。

そんなアウトローの面々からすれば、自分たちを拘束する立場にある「カクソデ」は憎っくき相手であったことは想像に難くありません。

ときには、「クソ!」と悪態のひとつもつきたかったことでしょう。

Sponsored Link

そんなアウトロー連中の間では隠語として「カクソデ」の文字を入れ替えて「クソデカ」と刑事を呼ぶ風潮があったようなのです。

時がたち、「クソデカ」はさらに隠語化し、最終的には「クソ」が取れて「デカ」となったのです。

つまり、「デカ」というのは刑事の蔑称だったのが、時代が流れて現代では一般的な用語として使われるようになったというわけです。

 

警察関連のその他の隠語

image584
警察関連の言葉については、こうした隠語が多いですよね。

例えば、警察用語として「ガサ入れ」という言葉がありますが、これは「探す(サガス)」の音の入れ替えによる隠語です。

その他には、犯人を「ホシ」と呼ぶのは、「犯人の目星(メボシ)」、「バイニン」という言葉については「密売人(ミツバイニン)」からきている警察隠語です。

 

まとめ

映画やドラマ等でもはや普通に使われているため、我々も既に認知していますが、「デカ」という呼び名はもともとはアウトローたちが使っていた「刑事」を意味する隠語だったのですね。

現代でも、本来の言葉を隠語化してさらにその言葉が省略されたいわゆる「若者言葉」が数多くありますが、数十年後には広く一般に定着するような言葉も生まれていくのでしょうね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ