「所以」とはどういう意味なの?「由縁」との違いは何?

image628
「ゆえん」には「所以」と「由縁」があります。

どちらも同じ読み方で意味も似ていますが、意味も使い方も微妙に違うようです。

由縁はしばしば見たり聞いたりする言葉ですが、所以の方は漢語や古語のような少し古風な趣のある文章でよく見かけますね。

時代劇などの台詞でも良くあらわれる印象があります。

「所以」とはどういう意味なのか、「由縁」との違いは一体何なのか、見ていきましょう。

Sponsored Link

「所以」とは?

「所以」は「わけ」、「いわれ」、「理由」のような意味で使われます。

具体的な使用例としては「人の人たる所以」、「彼が好かれる所以は優しさにある」といった風です。

やはり少し古風な言い回しですね。

「所以」に古風な印象を受けるのは漢文の訓読が変化したものだからです。

漢文で「所以」と出てくれば本来「もって〜するところ」という風に読みますが、日本人はこれを「〜するゆゑん」と慣用的に使うようになりました。

そこから「所以」を「ゆえん」と読むようになり使うようになったようです。

 

「由縁」とは?

「由縁」には二つの意味があります。

一つ目は「事の起こり」、「由来」、「わけ」といった意味です。

二つ目は「関係」、「ゆかり」といった意味になります。

例えば「地名のゆえん」というように「地名の由来」や「地名のゆかり」という意味で使われる場合には「所以」ではなくて「由縁」の方だと分かります。

Sponsored Link

「所以」と「由縁」の使い分け

image627
「所以」と「由縁」の意味が分かったところで使い分けについてもう少し深く考えてみましょう。

「由来」や「ゆかり」の意味で使われている場合は十中八九「由縁」でいいのですが、ややこしいのは「わけ」や「理由」の意味で使われている場合です。

「わけ」や「理由」の意味で「ゆえん」を使う場合、どちらの「ゆえん」を使えばいいのでしょうか?

そのヒントは「ゆえん」の前にある用語の品詞です。

「所以」は「〜する所以」「〜である所以」といったように前に動詞がついています。

一方で「由縁」の方は「〜の由縁」といったように「〜の」がついて使われることが多くあります。

このように「理由」や「わけ」の意味で「ゆえん」を使う場合は、前に動詞がついていれば「所以」で、前に「〜の」がついていれば「由縁」の方を使うという考え方をすればわかりやすいのではないでしょうか?

 

まとめ

「所以」と「由縁」は発音は同じですが意味と使い方はそれぞれ異なります。

「由来」や「ゆかり」「関係」をあらわすのは「由縁」だけです。

どちらも「理由」や「わけ」という意味を含んでいますが、「所以」の方は前に「〜である所以」「〜たる所以」といったように動詞がつき、「由縁」の方は「〜の由縁」という風に前に「〜の」がつくことで区別できます。

それぞれの「ゆえん」を正しい用法で使えるようになりましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

“「所以」とはどういう意味なの?「由縁」との違いは何?” への2件のフィードバック

  1. とおりすがり より:

    地名の場合に由縁というのはおかしい。

    所以≒理由
    由縁≒原因

    程度の違いしかない。

  2. 差之助 より:

    とおりすがり さんへ
    そうかな。由縁=由来+因縁がただしいとすれば、「地名の由縁」というのもありではないか。
    まぁ、こんなことより、もっと大切なことがあるとは思うけど。

差之助 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ