デフォルトとはどういう意味?経済用語?それともパソコン用語?

image634
最近ニュースでデフォルトという言葉をよく聞きます。

ギリシャの金融危機に関するニュースで流れるものなので経済に関する言葉のようです。

最新の話題についていくためにもデフォルトの意味をしっかり覚えておきたいですね。

ということでデフォルトで検索してみるとパソコン用語が引っかかります。

いわれてみればパソコン用語でも「デフォルトの設定」などという言葉をよく見かけますね。

一体デフォルトとは経済用語なのでしょうか、それともパソコン用語なのでしょうか?

デフォルトの意味を見ていきます。

Sponsored Link

経済用語としてのデフォルト

image633
経済用語でデフォルトという言葉があります。

日本語では債務不履行のことをいい、要するに借金を踏み倒すことです。

もう少し正確に言うと債権の発行者が破綻したり、財政が悪化することで利息を払うことや元本を返すことができなくなり、返済が滞る状態を指します。

デフォルトが起これば、お金を借りた側は利息を減らしてもらうなど債務の削減交渉を行いますが、当然お金を貸した債権者は多大な損害を被ることになるでしょう。

現在、ヨーロッパではギリシャの財政が破綻していることが露呈し、ドイツなどのEU諸国がデフォルトを懸念して緊縮財政を要求していますが、ギリシャ側はデフォルトするかもしれません。

Sponsored Link

パソコン用語としてのデフォルト

image635
デフォルトは経済用語ですが、コンピューター用語のデフォルトもあります。

ややこしいですね ^^;

コンピューター用語の場合、デフォルトは「既定値」という意味になります。

「既定値」とはあらかじめ定めた値です。

良くいわれる“デフォルトの設定”などはコンピューターの設定を「既定値」に戻す、つまり標準に戻すことを意味します。

初期設定と言ってもいいかもしれません。

コンピューターは使っている人にとって使いやすいように自由にカスタマイズして機能や設定を追加することができます。

そうして改造したはいいものの改造しすぎてわけが分からなくなったり、一旦全て白紙に戻したいといった場合に設定をデフォルトに戻すことが場合によってはできるのです。

 

まとめ

デフォルトには二つの意味があります。

一つは経済用語としてのデフォルトで債務不履行をあらわし、借金を踏む倒すという意味です。

もう一つはパソコン用語としてのデフォルトで設定などを「既定値」、つまり標準状態に戻すことを意味します。

ちなみに日常用語としても最近デフォルトという言葉をたまに聞くようになりました。

「〜がデフォ」という風にインターネットスラングでききますね。

この場合もコンピューター用語とほぼ同様の意味で「標準」とか「普段の状態」といった意味で使われています。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ