自閉症の特徴とは?大人と子供では違いがあるのか?

image9

最近多くなっていると言われており、大人になってから発見されるケースもあるのが自閉症です。

その症状は実際には、どのような特徴を持っているのでしょう。

また、大人と子供では自閉症の症状に違いはあるのでしょうか?

Sponsored Link

自閉症の特徴

自閉症は脳の特性によって起こる発達障害であり先天的なものです。

決して後天的な心の病ではありません。

自閉症と診断されるには「三つ組」と呼ばれる三つの能力障害が認められる必要があります。

対人関係の問題、コミュニケーションの問題、イマジネーションの問題です。

まず対人関係の問題ですが、これは単に人嫌いとか殻にこもるといったように他人との接触を絶つということではありません。

もちろん人見知りという場合もありますが、逆に赤の他人にいきなり突拍子も無い言葉をかけたりするケースもあります。

要するに自閉症の子供は自分と相手との人間関係をうまく把握できないため、不適切な行動をとってしまいます。

次にコミュニケーションの問題ですが、覚える言葉に偏りがあったり、言葉の使い方が奇妙であったりします。

Sponsored Link

普通、子供というのは日常的な言葉から覚えていき、覚えた言葉はすかさず使うものですが、自閉症の子供は自分にとって興味のある言葉しか覚えず、日常的に使う言葉はいつまでも覚えない傾向があります。

また帰宅した人に向かって「ただいま」というように相手の言うべきことを言ってしまうなど奇妙な言葉の使い方をします。

最後にイマジネーションの問題ですが、これは不確定要素に対応する能力が極端に不足しており、不測の事態に陥るとパニックに陥って、普段なら難なくできることもできなくなります。

そのため道順や、物の配置に決め事を作り、異様にこだわる傾向があります。

この特徴は稀に、音楽や絵画などの芸術分野において特異な才能を発揮することにつながります。

 

大人と子供の違い

自閉症の症状において大人と子供の違いに大差はなく、上記の三つの症状をベースにコミュニケーションや人間関係において問題を起こします。

しかし早期の発見が遅れ、大人になってから自閉症と判明することがあります。

そのような場合は、周囲の理解を得られずに孤立してしまい、うつ病を発症する恐れがあります。

 

まとめ

自閉症は先天的な発達障害であり、自閉症の人は人間関係やコミュニケーションに問題を起こし、奇妙なことにこだわるため奇異な目で見られることがあります。

大人になってから判明した場合、周囲の理解を得られずうつ病につながります。

自閉症の人が社会においてうまくやっていけるかどうかはその障害のレベルによりますが、働く環境がしっかりしていて、周りの人の理解が得られれば、普通の人と同様にやっていけることも多いです。

自閉症は完治することはできませんが、大きな問題が起こらない程度に軽度に抑えられた人はたくさんいます。

周囲の人も多少の問題には目をつむり、温かい目で見守ることが大切といえるでしょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ