七五三に千歳飴を食べるようになった由来とは?正しい食べ方は?

image651
七五三は子供の成長を祝って神社・寺などを詣でる行事です。

三歳、五歳、七歳になったお子様は神社で成長を祝ってもらえます。

七五三と言えば欠かせないのが千歳飴です。

千歳飴を持った子供たちはかわいらしく、七五三らしい光景といえるでしょう。

しかしなぜ七五三に千歳飴を食べるようになったのかについて知らない方も多いのではないでしょうか?

七五三に千歳飴を食べるようになった由来と正しい食べ方について見ていきましょう。

Sponsored Link

千歳飴の由来

image650
千歳飴の発祥は江戸時代のことで、浅草の浅草寺が始めたようです。

当時は紅白に染めた棒状の飴を「千年」という名で売り出しました。

「千年」という言葉は「長い」、「長生き」、「めでたい」という意味で認知されていたため、この「千年」という飴は子供の長寿を願う親たちの間でたちまち評判になり、定着しました。

「千歳飴」はこの「千年飴」に由来していると言われています。

 

千歳飴の意味

image652
千歳飴は親が子供に長く生きて欲しいという願いが込められているので、縁起のいい紅白の色に細長い棒状になっています。

昔は子供の生存率が低かったため、親が子供に「無事に育って欲しい」と思う気持ちも人一倍強かったのでしょう。

また袋にはこれまた縁起の良い「鶴や亀」、「松竹梅」の絵柄が入ったものが使われます。

Sponsored Link

鶴亀は「鶴は千年、亀は万年」の言葉にちなんで長生きを、松竹梅は健康や力強さをそれぞれ意味しているようです。

 

千歳飴の食べ方

image649
千歳飴はその長さに意味があることから一本丸ごと食べきらなければいけないという意見もあります。

ただ子供があの長さの飴を食べれば栄養の観点からも「口を傷つけそう」という意味でも多少無理があると考える方もいらっしゃるでしょう。

縁起物なので折ったり切ったりせずに食べるべきという意見もありますが、ここは小さい子供の都合も考えて食べ切ることで手を打ちましょう。

千歳飴を切ったり折ったりして、小さくすれば子供でも安全に食べることができます。

袋に入れたまま包丁の背の部分やハンマーでたたき割るのがおすすめです。

また食べ残してしまった場合には砂糖の代わりとしてホットミルクや大学芋、肉じゃがなどに使うのも良いでしょう。

 

まとめ

七五三で千歳飴を食べるようになったのは「千年」という名前で売り出した飴が子供の長寿を願う親に評判になったのが由来です。

長く生きて欲しいという願いから長い棒状の飴になっており、縁起の良い鶴亀や松竹梅の袋に入れて配られます。

食べ方としては折ったり切ったりせずに食べるのが正統派ですが、子供の栄養や安全の観点から食べ切りさえすれば折ったり切ったりしても良いのではないでしょうか。

砂糖の代替品として他のお料理に使うのも一興です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ