クエン酸の効果で疲労回復が実現出来るってホント?

image664
酸っぱいものが疲労回復に有効というのはよく聞くことですよね。

科学的にいうとそれはクエン酸が入っているからだとか。

このように科学的根拠があることもあって、最近ではクエン酸の入ったサプリメントなどが売られていますね。

昔からいわれていることなのである程度は信憑性があるとは思うのですが、酸っぱいものないしはクエン酸を摂取すると本当に疲労回復できるのでしょうか?

クエン酸の効果と疲労回復が実現できるかについて見ていきます。

Sponsored Link

人が疲労する仕組み

image665
クエン酸の効果について検証していく前にまず人が疲れる仕組みについて考えてみましょう。

人が疲れるのは主に乳酸が溜まるためです。

体を動かしてエネルギーを消費すると必ず乳酸が発生します。

体が疲れていたり首や肩が凝るのは乳酸が溜まっている兆候を示すもので体内で大量に乳酸が溜まれば体がだるくなります。

乳酸が溜まれば血流まで悪くなり、体の細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまうようです。

血流が悪くなると更に乳酸が溜まりやすくなり、この悪循環が重なれば、冷え性・頭痛・神経の異常まで引き起こしてしまいます。

 

クエン酸の効果

image663
疲労は乳酸が溜まることによって起こることは分かりました。

ではクエン酸には疲労回復の効果があるのでしょうか?

Sponsored Link

クエン酸には以下の効能があるようです。

・血液の流れを良くする

・乳酸をエネルギーに変換する

以上の二つの効果があることからクエン酸は乳酸によって悪くなった血液の流れを良くし、さらに乳酸自体もエネルギーに変えてしまうので疲労回復に効果があるといえます。

 

疲労回復ではなく体力増強?

image666
クエン酸には乳酸をエネルギーに変える力があるようですが、疲労回復については異なる説があります。

乳酸は疲労とは関係ないという説です。

そのためクエン酸が乳酸を減少させても疲労回復には効果が無いという説があります。

しかし“体力を増強する効果はある”としています。

ネズミを使った実験でクエン酸を摂取したネズミは摂取していないネズミに比べて運動時間が長くなりました。

つまりクエン酸を摂取すれば疲労回復の効果はなくとも体力が増強されるのです。

 

まとめ

クエン酸には乳酸を減少させる効果があります。

乳酸は人の疲労に関係すると考えられてきたので乳酸を減らすクエン酸を摂取すれば疲労回復の効果があるというのが一般論です。

異なる説として乳酸は疲労回復と関連がないというものがありますが、疲労回復の効果はないもののクエン酸には体力を増強する効果があるということで、やはり疲れ対策としては有効と考えられます。

夏場は猛暑で体力を削られる時期ですが、クエン酸を摂取することで乗り越えましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ