打ち上げ花火の値段は?個人で楽しむとしたら予算はいくら必要?

image679
夏の夜空を彩る打ち上げ花火、今年も花火大会が全国各地で開催されますね。

既に楽しんだ方もこれから参加予定で楽しみにしておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

花火大会で親しまれている打ち上げ花火ですが、こんな風に思ったことはありませんか?

「あの打ち上げ花火は1発いくらかかるのだろう、また個人で楽しむことができるのだろうか?」

花火大会で楽しむのもいいのですが、結婚式や何らかのイベントの際に余興で打ち上げることができれば盛り上がりそうですよね!

打ち上げ花火の値段や個人で楽しむ場合の予算について見ていきましょう。

Sponsored Link

打ち上げ花火の値段は?

image680
花火大会はそれなりの後援がなければ開催できないので打ち上げ花火もそれなりにお金がかかるイメージがあります。

しかし打ち上げ花火は一発であれば意外と庶民的な値段で打ち上げることが可能で、相場は大体4000円〜5000円です。

花火の種類と詳細な値段を見ると以下のようになります。

・3号玉      一発4000円〜5000円

・5号玉      一発15000円

・7号玉      一発3万円から

・10号玉(尺玉)  一発10万円から

・20号玉(2尺玉) 一発80万円程度

ちょっとお金を貯めれば小規模な花火大会を開催できそうですよね。

もちろん実際に花火大会を開くとなれば花火単体の値段だけでなく打ち上げのための設備や人件費などが別途必要でもう少し予算がかかります。

1万発規模の花火大会に5000万円〜1億円ほどかかるようです。

Sponsored Link

個人で花火イベントを開くには?

image678
金銭的に問題がないとしてもやはり打ち上げ花火を使った本格的な花火大会を開くとなれば許可が必要です。

おもちゃ屋さんで売っているような花火であれば問題ありませんが、打ち上げ花火はやはり危険を伴いますので場所や条件面で規制がかかります。

東京都内では花火大会を開くことはできません。

他県でも開催できる場所は限られています。

また打ち上げ花火をする場合は花火師に依頼することが必要です。

 

予算と相場

結婚式など個人で花火を打ち上げる際には、10万円〜25万円の予算が一般的なようです。

特別派手にする際には更に料金の高いコースがありますが、10万円でも十分思い出に残る花火大会が開催できます。

10万円でおよそ20〜40発打ち上げることができ、時間は2〜5分ほどです。

 

まとめ

打ち上げ花火は非常にお金がかかるイメージがありますが、意外と庶民的な値段で開催可能です。

花火単体の値段であれば4000円程度のものもあります。

実際に個人で花火を打ち上げるとなれば10万円からになりますが、それでも十分思い出に残る立派な花火大会を開くことができるでしょう。

結婚式などの特別な演出に花火大会を開いてみるのもいいかもしれません。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ