バラの花言葉は色や贈る本数によって違うらしい!

image697
バラの花は美しさと愛の象徴です。

恋人へのプレゼントにバラの花を贈ったことがある男性も多いのではないでしょうか?

恋人へのプレゼントとして定番のバラですが“バラの花言葉”には注意が必要です。

バラの花の場合、色や贈る本数によって意味する花言葉が変わってきます。

知らないで贈ってしまうと存外のメッセージが伝わってしまうかもしれません。

バラの花言葉について、色や贈る本数の違いと一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

バラの花の色

image696
まずは色から見ていきましょう。

バラの花は赤だけでなく様々な種類の色があります。

赤は愛の告白、白は結婚式などの意味です。

ほかにも様々な種類の色がありますが、中には不吉な意味を持つ色もあります。

そのような色はお祝い事には向かないので気をつけましょう。

以下が色ごとの花言葉になります。

・赤いバラ ・・・ 情熱、美貌、あなたを愛する

・黄色いバラ ・・・ 平和、愛の告白、友情、不貞、嫉妬

・小輪の黄色いバラ ・・・ 笑って別れましょう

・ピンクのバラ ・・・ 温かい心、恋の誓い、かわいい人、美しい少女

・白色のバラ ・・・ 尊敬、純血、清純

・オレンジ色のバラ ・・・ 無邪気、魅惑、絆、信頼

・グリーンのバラ ・・・ 穏やか、希望を持ちえる

・紫色のバラ ・・・ 誇り、気品、尊敬

・黒赤色のバラ ・・・ 憎悪、恨み

・青いバラ ・・・ 神の祝福、喝采、軌跡

・虹色のバラ ・・・ 無限の可能性

・絞り模様のバラ ・・・ 満足

・ドット模様のバラ ・・・ 君を忘れない

・赤に白斑のバラ ・・・ 戦争、戦い

 

バラの本数

image694
バラの花言葉は本数によっても違います。

本数が少ないと寂しいとか、多すぎるとお金がかかるとか、見栄えや金銭的理由だけで本数を決めると望ましくない花言葉になってしまうかもしれません。

Sponsored Link

以下が本数ごとの花言葉になります。

・1本 ・・・ 一目ぼれ

・2本 ・・・ この世界は二人だけ

・3本 ・・・ 愛しています、告白

・6本 ・・・ あなたに夢中

・7本 ・・・ 密かな愛

・11本 ・・・ 最愛

・15本 ・・・ 永遠の友情

・99本 ・・・ 永遠の愛、ずっと好きだった

・108本 ・・・ 結婚してください

・999本 ・・・ 何度生まれ変わってもあなたを愛する

 

バラの花を贈る際の注意点

image695
上記のように贈る際の色や本数によって違う意味になるバラの花言葉ですがあまりにこれらの意味にとらわれすぎて常識を見失ってしまってはいけません。

プロポーズの場合であったとしても食事をする場所であればバラの花束は香りが強く周囲に迷惑がかかります。

また男性に対してピンクのバラを贈るのも良くないでしょう。

相手のことを尊敬していたとしてもお見舞いの場合であれば白い花は好ましくありません。

 

まとめ

バラの花は贈る色や本数によって花言葉が変わってきます。

黄色のバラなどは「愛の告白」という意味がある一方で「不貞」や「嫉妬」の意味もあるので注意しましょう。

本数でも7本の場合、「密かな愛」になってしまい少し浮気っぽい雰囲気になってしまいます。

また用途やシチュエーションによって、そもそもバラの花がふさわしくないこともあるので、花言葉ばかりにこだわって常識を見失わないように注意したいものです。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ