ハロウィンの由来とは?子供が仮装してお菓子をねだるのはナゼ?

image703
ハロウィンは元々、外国の文化でしたが現在は日本でも認知され、10月31日になると色んな場所でハロウィンにちなんだイベントが開かれています。

最近では日本でもずいぶん一般的になっているようで、仮装してパーティーを開く場も増えていますね。

子供が仮装してお菓子をもらうハロウィンですが、その由来やどうしてこのような形式になったのかについて知っている方は少ないのではないでしょうか?

ハロウィンの由来と子供が仮装してお菓子をねだる理由について見ていきましょう。

Sponsored Link

ハロウィンの起源

image701
多くのアメリカの祝日が宗教的行事に由来があるようにハロウィンも元々は宗教的行事でした。

ハロウィンの起源は約2,000年以上も昔にさかのぼります。

ケルト民族の宗教の一つにドゥルド教という宗教が存在して、儀式の一つにサウィン祭という行事がありました。

サウィン祭は悪霊を追い払うお祭りです。

古代ケルトでは10月31日に死者の霊が家族に会いに来ると伝えられていました。

そのとき一緒に悪霊も連れてきてしまうので仮面をかぶったり魔除けのたき火をすることで悪霊を追い払ったと言われています。

これが現在の仮装をする習慣の由来です。

 

ジャック・オー・ランタン

image702
ジャック・オー・ランタンとはカボチャに目や口などをくりぬいて作ったハロウィンのシンボルのことです。

カボチャの内側にはろうそくが立てられ、提灯として利用されます。

Sponsored Link

カボチャの提灯は悪霊を追い払う魔除けのお守りの意味があるそうです。

元々イギリス地方では最初、カブを使っていたそうですが、アメリカに伝わると当時、カボチャが多くあったためカボチャが使われるようになりました。

ジャック・オー・ランタンはアイルランドの物語に登場するキャラクターで、魂を盗ろうとする悪魔から逃げ切った男のことです。

悪魔をだまして追い払ったと言うことで時を経て悪霊払いのお守りとみなされるようになりました。

 

お菓子をねだる風習

image704
ハロウィンでは「Trick or treat!」といいながら子供たちが家々を練り歩き、お菓子をねだる風習があります。

「お菓子をくれなければいたずらするぞ」という意味ですが、この風習はハロウィンがアメリカに伝わった際、付け加えられたようです。

アメリカには独創的ないたずらを好む文化があります。

アメリカにハロウィンが伝わった際に誰かが仮装してお菓子をねだる風習を思いつき、現在ではそれが主流になったようです。

 

まとめ

ハロウィンは元々、宗教的行事でした。

悪霊を追い払う行事を10月31日に行っていたことに由来します。

カボチャの提灯は悪魔をだまして追求を逃れた男「ジャック・オー・ランタン」を魔除けのお守りとみなしたことが由来です。

お菓子をねだる風習はアメリカにハロウィンが伝わった際に付け加えられたといわれています。

元々、宗教行事だったものが子供がお菓子をねだるイベントになるというのも奇妙な話ですが面白いですね。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ