血管年齢の若返りに効果的な食事とは?

image12

人間の老化は外見だけでなく内臓や血管といった体の内側の器官にも現れる現象です。

血管には血管年齢というものがあり、現代においては血管年齢が実年齢よりも高い人が増えていると言われています。

血管年齢を若返らせるためには生活習慣を改める必要があり、中でも食事について見直す必要があります。

Sponsored Link

血管年齢の老化

血管年齢の老化とは血管が動脈硬化を起こしている状態を指します。

動脈硬化とは血管が硬くもろくなって、弾力性を失う現象です。

血管は誰もが年齢とともに硬くもろくなっていくものですが、それ以外にも高血圧、糖尿病、肥満、運動不足、ストレス、喫煙などの生活習慣病によっても進行が早くなります。

 

血管年齢を若返らせる食事

血管年齢を若返らせるためには生活習慣を見直す必要がありますがその中でもまず始めたいのが食事について見直すことです。

血管年齢を若返らせる食事について5つのポイントを紹介していきます。

1つ目は肉よりも魚を中心に食べることです。

動脈硬化の原因の一つに中性脂肪が挙げられます。

魚には中性脂肪を減らすDHAやEPAという成分が含まれています。

肉よりも魚を食べることで中性脂肪を減らしましょう。

2つ目は食物繊維を多く取ることです。

コレステロールの増加と血糖値の増加も動脈硬化を進めます。

食物繊維はこれらを抑える働きがあり動脈硬化を防いでくれます。食物繊維を多く摂りましょう。

Sponsored Link

3つ目は野菜から食べることです。

野菜には食物繊維が多く含まれています。

野菜を先に食べておくことで、食物繊維をとり血糖値の上昇を防ぎます。

4つ目は大豆や大豆製品を食べることです。

大豆に含まれるイソフラボンという成分が女性ホルモンに似た働きをするため、特に更年期以降の女性に動脈硬化を抑える効果が期待できます。

5つ目は塩分摂取を抑えることです。

過剰な塩分摂取は高血圧を招き動脈硬化を進行させます。

塩分摂取を控えて動脈硬化を防ぎましょう。

 

まとめ

血管は誰もが年とともに老化して動脈硬化を起こしていきますが、生活習慣病がそれを促進します。

血管年齢を若返らせるために食習慣を見直し、肉より魚中心にすること、野菜を多く食べることなどを実践していきましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ