ボーイスカウトとは?何歳から入れる?費用はどのくらいかかるの?

image721
ボーイスカウトは健全な青少年育成を目指す社会教育運動です。

子供の時に同級生が入っていた、あるいは自身が入っていたという方も多くいるのではないでしょうか?

実際、子供の時からボーイスカウトに入ってキャンプなどに慣れていれば自立心が身につきしっかりした大人になりそうですよね!

ボーイスカウトに子供を入れる場合、気になるのが何歳から入れるのか、費用はどのくらいかかるのかといったことでしょう。

ボーイスカウトの活動内容とともに見ていきましょう。

Sponsored Link

ボーイスカウトの活動内容

image722
ボーイスカウトの起源はおよそ100年前、イギリスのベーデン・パウエルという方が子供達だけでキャンプをすれば楽しいことに気づき始めたことに由来します。

その後、ボーイスカウトは世界中に広まりました。

ボーイスカウトにおいては様々な野外活動を通して子供達の純粋な好奇心や探究心をはぐくむことを目的としています。

主な活動内容はゲーム、歌、ハイキング、ロープ、手旗、救急法、料理、スポーツ、施設見学などです。

基本的に日曜日に集まり、夏休みには長期のキャンプ活動があります。

 

ボーイスカウトには何歳から入れる?

ボーイスカウトは年齢によって5つの部門があります。

その中で一番下は小学1年生〜小2年生が在籍するビーバースカウトです。

Sponsored Link

小学3年生〜小学5年生はカブスカウト、小学6年生〜中学3年生はボーイスカウト、中学3年生9月〜高校3年生はベンチャースカウト、18歳9月〜高校3年生はローバースカウトに在籍します。

そのため基本的に小学1年生からしか入ることはできません。

しかし小学校就学前の1月から保護者と一緒に活動するという条件付きで仮入隊することができます。

 

ボーイスカウトの費用はどのくらいかかるの?

費用は各団によって異なります。

一例として神奈川連盟川崎第54団の費用を見てみると、入団金が10,000円、育成会費が年額15,000円、活動費が1,000円です。

ほかに制服代や交通費、動物園などの入園料、キャンプ費用など、実費がその時々で徴収されます。

また全国共通の費用として日本連盟加盟登録料が年間1500円、ボーイスカウトの保険『そなえよつねに保険』が年間800円ほどかかるようです。

入団費も含めて一年に5万円前後といったところでしょうか。

習い事としては安い方といえるでしょう。

 

まとめ

ボーイスカウトは青少年の健全な育成を目的として野外の活動を通し子供達の純粋な好奇心や探究心をはぐくむ活動です。

基本的に入れるのは小学1年生からですが、保護者同伴で小学校就学前の1月から入ることもできます。

費用としては年額で5万円前後でも入団できるので、習い事としては安上がりです。

子供に何か習い事をさせたいけれど野球やサッカーのように面倒なものは避けたいという場合は最適かもしれませんね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ