大腸がんの原因はウォシュレットってホント?

image725
がんは誰もが恐れる病気です。

その中でも大腸がんには注意しましょう。

食生活が乱れている方や食物繊維が足りていない方は特に注意が必要です。

しかし大腸がんには食生活だけでなく意外な原因があります。

それはウォシュレットです。

便利で親しみのあるウォシュレットですが大腸がんの原因になるとなれば話は別ですよね。

非常に危険な機能になってしまいます。

大腸がんの原因とウォシュレットについて見ていきましょう。

Sponsored Link

ウォシュレットと大腸がんの関係

何故ウォシュレットのせいで大腸がんになってしまうのでしょうか?

その秘密はウォシュレットの原水に含まれる塩素が関係しています。

ウォシュレットの原水には塩素が含まれていますがこの塩素がお尻から腸内に入り込んでしまうと有機物と反応を起こして発がん性物質を作ってしまうのです。

にわかには信じがたい話ですがこれには統計上の根拠もあります。

ウォシュレットが世に出てから大腸がんの患者が増えているようです。

大腸がんの発生率はウォシュレットの普及率に比例して伸びているというデータがあるのです!!( ̄Д ̄;) ガーン

便利な道具だと思っていたウォシュレットですが意外な落とし穴がありましたね。

 

若くして大腸がんになることも?

大腸がんは通常は高齢者の病気です。

ほとんどの大腸がん患者は60代〜70代で発症しています。

Sponsored Link

しかし稀に50歳代で大腸がんになる例があるようです。

これらの人は遺伝子的要因が強いとされていますが、もしかしたら若い頃からウォシュレットを使いすぎたせいで大腸がんになったという人もいるかもしれませんね。

ほかに大腸がんになる原因としては食生活の乱れやストレスなども関係しているので注意しましょう。

 

大腸がんの初期症状

image726
大腸がんは軽度のうちに治療に取り組むことが非常に重要です。

そのため初期症状に気づけるようにチェックしておきましょう。

大腸がんの初期症状としては血便や便秘、そして下痢などがあります。

トイレの際に血便が出たり、逆に何日も便秘が続く、あるいは下痢が続くといった方は大腸がんになっていないかどうか検査することをお勧めします。

 

まとめ

大腸がんはウォシュレットを原因に発症することがあるようです。

ウォシュレットの原水に含まれる塩素が腸内に入り込み反応することで発がん性物質が作られるためです。

実際にウォシュレットが普及するにつれて大腸がんの患者は増え続けており、統計上その関係は非常に密接になっています。

ウォシュレットは非常に便利な道具ですが若くして大腸がんを発症してしまうかもしれない危険なものでもあるということは認識しておきたいものです。

ストレスや食生活の乱れも大腸がんの原因なるので注意が必要です。

Sponsored Link

Pocket

      
     

“大腸がんの原因はウォシュレットってホント?” への2件のフィードバック

  1. マーミ より:

    ウォシュレットを利用によって大腸がんのデータが出てるのなら何故、販売中止をしないのか?
    へんな話です!

  2. 匿名 より:

    ほんとなにを根拠に

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ