【ボジョレーヌーボー】2015年の解禁日はいつ?

image730
ボジョレーヌーボーはフランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で作られるワインです。

その年に収穫されたブドウをその年に仕込むので、非常にフレッシュでフルーティーな香りが特徴になっています。

解禁日になれば、ボジョレーヌーボーのテレビの宣伝や広告が入り、スーパー、百貨店、酒屋などで一斉に販売されるでしょう。

毎年、気になってはいるけれどタイミングを逃して買い損ねてしまうという方もいるのではないでしょうか?

今年はあらかじめ解禁日をチェックしておいてきっちり買えるようにしましょう。

2015年のボジョレーヌーボーの解禁日について見ていきます。

Sponsored Link

2015年の解禁日はいつ?

image728
毎年、ボジョレーヌーボーは11月の第3木曜日に解禁されます。

今年は11月19日ですね!

何故、11月の第3木曜日に解禁されるのかというとこれには紆余曲折があります。

元々は11月11日の「サン・マルタンの日」という聖人の日を“縁起が良い”ということでボジョレーヌーボーの解禁日にしていました。

しかし「サン・マルタンの日」はあるときを境に「無名戦士の日」に変更されてしまったため、解禁日も設定し直すことになります。

そこで一番近い聖人の日である11月15日の「サン・タルベールの日」がボジョレーヌーボーの解禁日になりました。

Sponsored Link

しかし解禁日を固定することにより売れ行きが不安定になることが問題となったため、毎年11月の第3木曜日にするということに落ち着きます。

フランスの土曜日と日曜日はほとんどのワインショップとレストランがお休みです。

そのため木曜日に開始された方が都合がいいというわけですね。

 

ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方

image727
ボジョレーヌーボーの解禁日と由来が分かったところでおいしく飲む方法についても見ていきましょう。

ボジョレーヌーボーは口当たりが軽くフレッシュなワインなので常温より少し冷やした程度で飲むのがおすすめです。

またフレッシュさを存分に味わうためにも購入後すぐに飲みきったほうが良いでしょう。

だいたい冷蔵庫に入れて1時間ぐらいたつとちょうどいい案配になるかと思います。

 

ボジョレーヌーボーに合うおつまみ

image729
ボジョレーヌーボーに合うおつまみも見ていきましょう。

ボジョレーヌーボーには生ハムやサラミ、あるいは癖のないカマンベールなどがおすすめです。

何故これらのおつまみが合うのかというとやはりボジョレーヌーボーの特徴はフレッシュでフルーティーな味わいなためです。

このようなワインにはこってりしたものよりはあっさりしたものが合うのです。

 

まとめ

ボジョレーヌーボーは11月の第3木曜日に解禁されるワインです。

フレッシュなところが特徴なので熟成しないうちに飲んでしまいましょう。

ボジョレーヌーボーにはこってりしたものよりもあっさりしたおつまみが合います。

2015年は11月19日に解禁されるのでワイン好きな方は忘れずに買うようにしましょう。

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ