【こうのす花火大会】2015年の日程・会場・見どころをチェック!

こうのす花火大会は埼玉県鴻巣市において開催される花火大会で、2015年度の正式名称は「燃えよ!商工会青年部!!第14回こうのす花火大会」です。

主催は鴻巣市商工会青年部で、地域の発展と子供達に夢を与えようという願いから始まりました。

通常、花火大会は行政主導により行われますが、こうのす花火大会は企画運営・協賛金集め、設置、清掃に至るまで青年部員の主導で行われます。

2015年のこうのす花火大会の日程・会場・見どころをチェックしましょう!
Sponsored Link

こうのす花火大会の日程とチケット情報

2015年度のこうのす花火大会は10月10日(土)に開催されます。

開始時刻は午後6時で雨天時は翌日に順延されます。

有料観覧席はブルーシート席(4名用)、椅子持ち込み可能席(4名用)、ペアシート席(2名用)、自由席(1名用)、撮影席(1名用)の5種類です。

チケット販売はチケットぴあにて行われており10月9日23時59分までになります。

売り切れ次第販売終了となるので購入予定の方はお早めに購入しましょう。

 

こうのす花火大会の会場とアクセス

こうのす花火大会は糠田運動場を会場にして開催されます。

住所は埼玉県鴻巣市糠田1073−1です。

アクセスは電車の場合、JR高崎線「鴻巣」駅下車から徒歩30分になります。

Sponsored Link

車の場合は鴻巣花火大会オフィシャル駐車場である吉見総合運動公園に駐車しましょう。

駐車料金は1日2000円で収納台数は2000台です。

例年、会場周辺は混雑し、今年も混み合うことが予想されるのでなるべく公共交通機関を利用しましょう。

駐車台数にも限りがあり、下手をすれば駐車できないということもあり得ます。

 

こうのす花火大会の見どころ

こうのす花火大会の一番の見どころは「鳳凰乱舞」というプログラムです。

「鳳凰乱舞」は1分あたり尺玉打ち上げ数日本一の認定を受けた怒濤の連発花火で大変見応えのある花火になります。

こうのす花火大会の“顔”のようなものなので、こうのす花火大会に参加した以上は絶対に見ておきたいところです。

他にも尺玉300連発なども見応えがあるのでチェックしておきましょう。

 

まとめ

こうのす花火大会は平成14年に開催されて以来今年で14回目を迎える花火大会です。

初めは打ち上げ数3000発程度の小規模な花火大会でしたが、回を重ねる毎に進化して第7回大会では15000発を記録する大規模な花火大会に成長しました。

行政主導ではなく地元の青年部によって手作りで作り上げられてきた花火大会です。

行政主導でなくてもここまでできるのかと驚くと思いますので是非こうのす花火大会に参加してみましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ