【神田古本まつり】2015年の日程は?アクセスをチェック!

神田古本まつりは本好きのためにあるようなお祭りです。

その名の通り神田・神保町に古本が集まるお祭りで今年は56回目の開催になります。

神田・神保町といえば古本の街として有名ですね。

古本といえば少し難しくて高額な本というイメージがありますが、絵本など子供向けのものもあるので、子供でも楽しめるお祭りになります。

もちろん本格的な古本好きが探し求めていた古本を見つけるためのお祭りでもあるので、古本好きの方はふるって参加しましょう。

2015年の神田古本まつりの日程やアクセス方法を見ていきます。
Sponsored Link

神田古本まつりの日程

神田古本まつりは例年、秋頃に開催されます。

神田古書連盟による最大の行事で日本のみならず海外からも大勢の方が訪れます。

神田古本まつりでは様々なイベントが催され、イベント毎に開催期間や会場が異なります。

本の大バーゲン「青空掘り出し市」は10月23日(金)から11月1日(日)に開催です。

開催時間は10時から19時(最終日は18時)までで荒天や雨天の場合は中止です。

マニアも納得の品が並ぶ「特選古書即売展」は10月23日(金)から25日(日)に開催されます。

開催時間は10時から18時(最終日は17時)までです。

こちらも荒天・雨天の場合は中止されます。

 

神田古本まつりの会場とアクセス

神田古本まつりのメイン会場は神田神保町古書店街になります。

「青空掘り出し市」はメイン会場である千代田区神田神保町古書店街にて行われますが、「特選古書即売会」は東京古書会館地下催事場にて開催です。

Sponsored Link

いずれの会場も“神田古本まつり”ではありますが、JRで行くとすれば最寄り駅は神田駅ではなく御茶ノ水駅となりますのでご注意ください。

地下鉄を利用する場合は、神保町駅、新御茶ノ水駅が最寄り駅となります。

また、神田古本まつりの期間中は神田・秋葉原・丸の内を含む千代田区内をぐるりと廻る無料のシャトルバスが運行しているので利用しましょう。

乗り場は「神保町新世界」前と「神保町古書店街」前になります。

 

神田古本まつりの歴史と見どころ

神田古本まつりは今年で56回目を迎える歴史の長いお祭りです。

明治10年頃に神田町近辺に学校が相次いで開校されたため古書店が乱立したことが発祥といわれています。

都内の古書の3分の1がこの神田町古書店に集められており、まさに古本のメッカともいうべき場所です。

神田古本まつりの一番の見どころはなんといっても「本の回廊」です。

100万冊以上の古書が立ち並び約800mもの本棚を形作ります。

本好きな人にとっては夢のような場所ですね。

 

まとめ

神田古本まつりは神田町に古本が集まる、古書好きのための一大イベントです。

古本好きでなくとも楽しめるお祭りなので興味をそそられた場合は是非とも見に行ってみましょう。

特に100万冊以上の古書が立ち並ぶ「本の回廊」は一見の価値ありです。

本がたくさん並んでいると何となくワクワクしませんか?

私はワクワクします(*゚▽゚*)

もしかしたら運命の一冊に出会えるかもしれませんね!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ