【堺まつり】2015年の日程・会場・見どころをチェック!

堺まつりは大阪府堺市にて開催されるお祭りです。

第1回目の開催が昭和49年と比較的新しいお祭りですがその分、斬新なイベントや試みがあって楽しいお祭りになっています。

パレードが行われますが、ふとん太鼓や南蛮衣装行列、火縄銃隊といったものはちょっと他では見られない催しですよね。

パレードの他にも南蛮市や利休のふるさと堺大茶会など珍しい催しがあります。

歴史と伝統の深い堺市で斬新な堺まつりを楽しみましょう!

2015年度の堺まつりの日程・会場・見どころについて見ていきます。
Sponsored Link

堺まつりの日程と会場

堺まつりは例年10月の第3日曜日とその前日の土曜日に開かれます。

2015年度も例年通り開催され、10月17日(土)と10月18日(日)に開催される見込みです。

時間は10:00〜20:00頃になります。

2014年度のプログラムを見てみると両日とも開催されるのは「なんばん市」と「大茶会」です。

17日のみ「前夜祭」とふとん連合保存会による「ふとん太鼓前夜祭」が開催されます。

メインイベントの大パレードは18日(日)の11:00〜15:30です。

Sponsored Link

また、堺まつりの会場についてですが、イベント毎に会場が異なります。

大パレードが行われるのは大小路筋です。

「なんばん市」はザビエル公園にて行われます。

大茶会は南宗寺会場と大仙公園会場です。

前夜祭は堺市産業振興センター・イベントホールにて、ふとん太鼓は堺市役所市民駐車場及び堺地方合同庁舎前市民交流広場にて行われます。

それぞれ参加したいイベント毎に時間や場所をチェックして予定を立てるようにしましょう。

堺まつりの公式HPはコチラ

 

堺まつりの見どころ

堺まつりの一番の見どころはやはり大パレードです。

堺市のメインストリートである大小路筋(シンボルロード)を舞台に様々な仮装をした人々がパレードを行います。

パレードの参加者は約1万人前後にも上る壮大なパレードです。

古代から現代までの様々な衣装や催しを一度に楽しめる贅沢な内容になっています。

火縄縦隊や海上自衛隊によるパレードもあるのでチェックしておきましょう。

様々な珍しい仮装の中でも最も面白いのがラストを飾るふとん太鼓です。

山車の一種で、上に巨大なふとんを積み重ねています。

巨大な山車が男達によって担がれている様は迫力満点ですよ!

 

まとめ

堺まつりは堺市最大のビッグイベントです。

第1回は昭和49年と最近始まったお祭りですがその分珍しい要素がたくさんあります。

特に大パレードは必見です。

古代から現代までの様々な仮装を楽しむことができ、なんばん衣装やベトナム伝統衣装パレードといった異国情緒豊かな仮装まで見ることができます。

ラストにはふとん太鼓という巨大な山車を見ることもできるのでまだ直に見たことがないという方は是非堺まつりに参加しましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ