【時代祭】2015年の日程・会場・見どころをチェック!

時代祭は、葵祭、祇園祭と並ぶ「京都三大祭」の一つです。

明治28年より始まり、元々は平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を奉祝する行事でした。

明治維新によって衰退してしまった京都ですが、町おこしの一環として平安神宮が創建され、町の繁栄を願う人々の熱意によって時代祭が創始されています。

1回目は記念祭としての意味合いが強いものでしたが2回目以降は祭神に京都の町の繁栄を見ていただくことが趣旨となっているようです。

そんな時代祭の2015年の日程・会場・見どころについてチェックしましょう。
Sponsored Link

時代祭の日程

時代祭の2015年日程は10月22日(木)です。

時間帯は12:00〜14:30までになります。開催日が10月22日なのは桓武天皇が平安遷都された日に合わせているためです。

お祭りでは厳密な時代考証の元に再現された歴史装束をまとった京都巡航が行われます。

行列は12:00〜14:30まで京都の町の主要施設を巡回する時代祭のメインイベントです。

 

時代祭の会場と有料観覧席

時代祭においては以下の場所を歴史装束の行列が巡回します。

12:00 京都御苑

12:50 烏丸御池

13:40 三条木屋町

14:30 平安神宮

Sponsored Link

また時代祭には有料観覧席が設置されています。

立ち見だと疲れるので有料観覧席からゆっくり観覧しましょう。

有料観覧席は以下の場所に設置されます。

・京都御苑席(建礼門前南側)

・小池通席(寺町通〜烏丸通 南北両側)

・平安神宮道席(冷泉通〜大鳥居 東西両側)

観覧席は2050円です。

3カ所のうち最も良いのは京都御苑席になります。

行列開始地点に近いので行列参加者も元気で、装束も汚れていないため見応え抜群です。

 

時代祭の見どころ

京都時代祭の見どころはやはり巡航する行列です。

行列はおよそ2000名の参加者によって2キロメートルにもわたり、歴史装束は各時代の厳密な考証によって再現されており、非常に見応えがあります。

山国隊の奏でる笛、太鼓の音色を先頭に平安京の造営された延暦時代までさかのぼった時代装束の行列を見ることができるでしょう。

まるで平安時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるかもしれません。

 

まとめ

時代祭は厳密な時代考証によって再現された時代装束に身を包んだ人たちの行列を見ることができるイベントです。

京都を代表する由緒正しいお祭りになります。

時代装束は平安京が造営された延暦時代までさかのぼって見れるので歴史好きの人におすすめのお祭りです。

有料観覧席もあるのでじっくり行列の最後まで観覧したい方は是非有料観覧席からゆっくりと見物しましょう!

Sponsored Link

Pocket

      
     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ